楽器初めてでも演奏できるメロディハープで432Hzのさくらさくら

この楽器、子供にも演奏が簡単にできるというので買ってみました
メロディーハープといいます

15弦あります

きっかけは、シュタイナーのヒーリングライアが欲しくて

もちろん調律は432Hzピタゴラス音律にして、ヒーリングを味わいたい

でも、とても値段が高いのと、演奏ができるかどうか自信がない

そんなとき、この動画を見つけたのです



楽譜を弦の下に差し込んで、音符のところを弾くだけ

そういえば、AirHarpというiPadのアプリでそんなのがあった

そのときは、あまり楽しいと思わなかったけれど、これなら、自由に調律もできるし、子供たちにも受けそう!

melodyharp_FullSizeRender 3

というわけで買いました

melodyharp_FullSizeRender 4

付属の楽譜を使うのも楽しいけれど、馴染みの曲をやってみたくて、自分でつくってみました

IMG_9858.jpg 

と、そのまえに、調律をしなくてはというわけで、iPhoneのアプリを使って調律

高機能のClearTuneというアプリを使うので、標準的な440Hz平均律の他に
432Hzピタゴラス音律に合わせるのも簡単です

※どうして432Hzピタゴラス音律にするのかは、こっちをみてくださいね

調律が済んだら「さくらさくら」を演奏


432Hzピタゴラス音律バージョンのさくらさくら

小学校4年の娘にもさせてみたところ

音楽が得意でもないのに、演奏できてしまい


にすっかりはまっております

これ、小学校の初めての音楽の授業でもぴったりなんだけど・・・・

北米ではクリスマスや誕生日のプレゼントとして、有名すぎて子供から「またなの〜」といわれるくらいだそうです

音符の上をはじくだけだし、調律の勉強にもなるし、リズム感や楽譜の勉強にもなります

ぜったいおすすめ

何個も買って、プレゼントにストックしておきたいです

なにせ、わたしも今まで楽器にいろいろ挑戦してみましたが、なかなか根気強く続けることができず、そのセンスのなさに、がっかりしておりましたが、

わたしでも演奏できて、普通の楽譜からイラストレーターを使って、メロディーハープ用の楽譜をもう何枚も作りました

432Hzピタゴラス音律での調律がとってもいい感じです


すっかりメロディーハープに魅了されておりますが、二つだけ欠点があります。

長い楽譜を入れることができないこと

そして、一度合わせた調律も、翌日にはすっかりずれてしまっていることです

一曲演奏しただけでもずれてきます

チェンバロみたい

頻繁にチューニングをし直さないといけませんが、15弦しかないうちの、実際に使うのは10弦くらいですし、なんだか愛着もわいてきます

アプリを使ったら、簡単ですしね


周波数の研究のため、試しに、440Hz平均律 442Hz平均律 444Hz平均律でも演奏してみました
どれが一番お気に入りでしょうか?

調律や基準音の大切さに気がついていただければ嬉しいです


A=440Hz平均律バージョン
国際標準ピッチとして、これが一番よくつかわれている調律です。
ロックの周波数とも呼ばれ、電子ピアノや楽器アプリなどではこれがデフォルトの設定になっています。CMなどはこれが一番多いです。
刺激的な音に聞こえるので、癒しより、注意喚起に向いているようです。



A=442Hz平均律バージョン
現在クラシックでよく使われております
440Hzの時よりもやわらかく聞こえる気がします



A=444Hz平均律バージョン
ソルフェジオ周波数とも呼ばれているC=528Hzの音を含んでおります


さくらさくら メロディ・ハープ 
わたしが初めて作ってみたメロディーハープ用のさくらさくらの楽譜です
試行錯誤しながら、がんばりました

↓楽譜はダウンロードできます
PDF (実サイズのままA4に印刷します)







▼イベント案内
6月3日【八戸】抱っこスピーカーの体験と製作教室

6月4日【弘前】周波数の話と、抱っこスピーカー作り教室

6月25日【盛岡】周波数の話と抱っこスピーカー作り教室

7月28日【大阪】手話うたコンサート真夏の太陽 抱っこスピーカー利用

7月29日【大阪・吹田市】抱っこスピーカー手作り教室


 

良いアイデアが湧いたときの周波数 96Hz

あぁーーあぁーーあぁーー


アイデア💡がふと出て、それに同意できるとき

心地よいバイブレーションがお腹の深くから自然と出てくることを発見!


そんなことってありますよね
 
 
相手の話にものすごく同意できたとき

先ほど経験しました


アイデアそのものよりも、こっちのバイブレーションが気になった


使える気がする
 
 
腹まで届く振動
 
 
腹に落ちたというのはこういうことなのか


 

周波数は喉チャクラの96Hz前後でした

美味しい考えに「喉を鳴らす」なのか(^^)


気分が良くない時に、この振動数を覚えておくと、これまた気分のリフレッシュにも使えると思います


喉のチャクラはコミュニケーションなどにも関係しますので、ストレスによる失語症にも役立つのではないかな

96Hzはこれです



低音なので、スマホのスピーカーに耳を近づけたり、イヤホンを使ってください

同じ周波数で、喉をならしてみてくださいね



▼追記(2017/06/26)

96Hzの声を出すと、お腹のほうにもよく響くのですがその理由がわかってきた気がします

心が落ち着いているときなど調子が良い時には、128Hzの耳鳴りが聞こえてくるのですが、128Hzで実際に体は振動しているからだろうと推測しております

そのときに96Hzの声を出すと、128Hzとの差は32Hzになり、32Hzの唸り音が発生します

32Hzは128Hzの2オクターブ下で、会陰の第一チャクラの周波数、骨とも共振する周波数です

だからお腹までも響く感じがあるというふうに感じました

64Hzと96Hzとの関係は周波数比2対3の完全5度の関係で、気持ち良く共振する関係だといわれています

なぜ2対3の周波数の関係だと、気持ち良く感じるのかというのが、さっきの計算で「うなり音」が合うからと理解できました






体の中の音楽 ・ しびれに64Hzが効いた

しびれに64Hzを当てると直る 体の中の音楽

瞑想の時に128Hzの音を鳴らすのをしてるのですが、今日は64Hzにしてみました

どちらも同じ第1チャクラの周波数(会陰)です

手が痺れて(しびれて)きたなと思ったら、手の痺れのピリピリのサイクルと64Hzの振動数が一致するような気がしてきました

別に64Hzを鳴らしているから手が痺れてきたわけではありません、それはじっとした姿勢だとよくある事

耳鳴りも、その周波数と同じものを聞くと治るように、しびれもそうなのかなと思って、スピーカーを直接しびれに当てて見ると、、、


見事に消えました!


それもサクッと
 
 

もしかして、

耳鳴りもしびれも、痛みも、体の中から聞こえる音楽であり、その音楽に従ってハーモニーすると癒されるということなのではないでしょうか?
 
 
座禅をしおわって、立ち上がる時、いつもよりもしびれを感じませんでした。
 

▼わたしが実体験した体の音へのリンクです
 
 
そういえば、わたしのしているパラマハンサ・ヨガナンダの瞑想法も、それにかなり近いものを感じています


わたしなりにおおおっ!と思ったので、走り書きでお粗末な字なのですが、記念写真でした



そのあと、「64Hz 痺れ」で検索するとやはり神経に効く周波数だそうです

TenohiraB708x800.jpg 
この手のひらスピーカーを使うと、とてもやりやすいです
 
 
黒いスピーカー側を当てます
 
 
音楽療法用につくったわけではないのですが、そっちからのオファーもいただいております。
一人で聴くには最高の音色だと思うし、聴覚支援学校では胸に当てて発語・発声訓練にもつかわれております
 





腰痛に第二チャクラの周波数を手のひらスピーカーで当ててみた(続編)

先日紹介したブログの話を知り合いにしておりましたら

腰がいたいというのでやってもらいました

使ったのは手のひらスピーカーです


TenohiraB708x800.jpg

このスピーカー部分を腰に当てて、288Hzの周波数(正弦波)を鳴らします


Tenohira288.jpg

こんな感じで2個使ったのがさらによいみたいです

さらに鳴らしている音に合わせて、口でも同じ音を出すと効果が高いと思っているので、やってもらいます

そうすると、スピーカーを当てている部分だけでなく、体の骨全体にその振動が届くと思ったからです

わたしはこの288Hzの音をだすのが好きですが、やってもらった人も同様に、声を出して気持ちがいいとのこと



左右の腰にスピーカーを当ててもらいました

はじめは左右の腰で振動の感覚が異なっていました

「痛い側はあまり振動を感じない」

ということだったのですが、数分やっているうちに、左右の差が同じくらいになってきて、楽になったと言われました



先日漢方のお店をしている義母にも試してもらったとき、これが非常によく効いた感覚がして、お客様にも紹介したいとのこと

そこで、周波数を出すアプリとスピーカーの使い方レッスンもしたのでした

面白い・・・

面白いぞ



近々のイベントのお知らせ

▼2017/2/12【栃木】手作り抱っこスピーカー教室
https://www.facebook.com/events/257424611353834/

▼2017/2/15【一関】第11回企業情報交換会inいちのせき
 ・抱っこスピーカーと手のひらスピーカーの展示

▼2017/02/18【武蔵小杉】夢を語る交流会、巨大バルーン創りとバイオリン演奏
 ・抱っこスピーカーを利用します

▼2017/2/19【浜松】手作り抱っこスピーカー教室

▼2017/2/25【那覇】チャクラの周波数の話と、スピリットダンス

▼2017/2/26【那覇】手作り抱っこスピーカー教室

▼2017/03/09 【盛岡】手打ちうどん教室






4096Hzの耳鳴りが聞こえてきた

ついさっき、急に右耳に大きな高い音の耳鳴りがしました


周波数についての探求がなかったら、ほっておいたはずでしたが、


周波数を調べたら4096Hzらしいことがわかりました

4096Hzは会陰の第一チャクラの周波数です


IMG_1190_450x800.png 

iPhoneのアプリを使って近い音を出して、調べました

このアプリいいですよ。ピタゴラス音律432Hzを簡単につくれます。

今日は耳鳴りの音がそばで音叉を鳴らされるほど大きかったのでやりやすかったです


去年の9月1日に水晶の周波数と浄化についてブログを書いておりました


もともと、この周波数に興味を持ち始めたのは、1年前の128Hzの耳鳴り「瞑想中の音その1:オーム音(聖音)が聞こえてきたのかも」が元でした


たかが耳鳴りなのに、、1年以上話題が続いています



4096Hzの耳鳴りなのですが、ネット検索する




出るわ出るわ(笑)


天界と地上を結ぶとか、祝福の音、天使の音とか・・・


その周波数の音叉はクリスタルチューナーとも呼ばれており、空間浄化や水晶のパワーをアップさせる効果があるとかなんとかで人気商品だとか


よく水晶のヒーリングパワーだっ!とかいってすんごい水晶がありますが、

買わなくっていいってことなんだろうか・・・


もしかして、4096Hzの半分の半分のってしたら、4096/2/2/2/2=256Hzってことだから

このところやっている256Hzや128Hzの声出しも効いているのかもしれません



この周波数も432Hzのピタゴラス音律ならば、ドの高い音(C7)になります


世界初のクオーツ時計(セイコークオーツアストロン)に入っている水晶の振動数8,192Hzの1オクターブ下の周波数でもありますから、4096Hzは水晶に共振する周波数です


やはり、ピタゴラス音律432Hzは生体にぴったり合っている(内蔵されている?)のだとさらに思いました