受け入れること、共振すること、名前から読み取る使命

二つの出来事があるとします

携帯電話のアラームが鳴る
消す
また鳴る
消す
また鳴る
消す
いつまでも繰り返す


というのと、


アラームが鳴る
消えない
頑張って消そうとする
消えない
音の届かないところに逃げようとする
逃げられない
諦めて聞き続ける

というのがあった場合、

諦めたほうが、ストレスがないそうです

それに近いサルの実験でも明らかなそうです


そんなこと無いんじゃないかと思ってみたのですが、

うどん屋をやっていた時、冷蔵庫や換気扇の音が大きくて気になりました

ところが、仕事に集中しているうちに、全く気にならなくなりました

お遍路さんをしている時、山の中の道ばかりから久々に街に降りると、車の排気ガスがとてもきになりました

ところが、すぐに慣れて全く意識しなくなりました


もしも、これに戦っていたらどうでしょう?


静かな冷蔵庫や換気扇を買い求める
やっぱりきになるので、もっと静かなものを求める
それを繰りかえす


車の排気ガスが気になる
街に降りられなくなる
排ガスの危険さをうるさいくらいいいふらす


戦えばストレスが増しますが、

順応すれば気にならなくなる、問題が無くなる、解決するのです

問題を攻撃すればするほどに相手は拡大する


先日発見した痺れに効く周波数64Hzもそうで、ビリビリの周波数は64Hzであることが分かったので、それを当てると痺れが気にならなくなる


手のひらスピーカーは発声訓練にも使用されます

手のひらスピーカーを胸に当てて、

その声の振動と同じ声を発声すると、振動を感じなくなります

それで、聞こえない人にも

「あっ、同じ声を出している」って気がつくのです

共振は対人関係の不満にも使えるのだと思います



そこで必要な考え方が、『やわらかさ』



聖徳太子も

「和らぎをもって尊し」

と言ってます



話は変わりますが、

人の名前には使命が隠されていると言われます


わたしの仕事、柔らかいスピーカー

婿養子になって今の姓は『菅 』

『管』だと竹筒のように硬いもの

『菅』だと、草かんむりなので、ネギのような柔らかい筒

ちくわという話も


わたしのスピーカーの構造そっくり!

順一の『順』は、順応とか、柔順


共振の振動を利用できるのも、柔らかく音に柔順だからこそ

あれれれれ・・・・

何かが見えちゃってきたのかも


【イベント案内】

2017/03/20【松山】じゅうたん・手のひらスピーカー作り教室

https://www.facebook.com/events/594939067362428/

手作りで聞く据え置き型で最高のスピーカー!



2017/03/21【松山・三津浜】スピリットダンス

https://www.facebook.com/events/1173340619430175/

自由に踊るダンス


2017/3/22抱っこスピーカー手作り教室 at ユーキチ

https://www.facebook.com/events/1251408101622157/

抱っこスピーカーのステレオタイプ(2本)もつくれます


2017/3/26【那覇】抱っこ&じゅうたんスピーカー教室

https://www.facebook.com/events/230833007388765/


4月14日・15日 【大阪】抱っこスピーカー教室と、演奏