FC2ブログ

440Hzの音叉は別名「化学物質チューナー」

440Hzは化学物質の周波数?


Googleで440Hzの情報を調べていたときです

インスピレーションの種を発見しました

440Hzチューナー 
▼こちらのリンクを見つけました
えっ、、何?

440Hzって化学物質と関係があるの?

そこに書いている情報を見ますと
音叉ヒーリングで440Hzは、
化学物質に対する過剰反応へのヒーリングに使われます。
化学物質の増えた現代に確立された、
音楽の調律に使われる周波数440Hzが、
化学物質のヒーリングに使われるのはおもしろいですね。

と、あります

つまり、化学物質と仲良くなれる周波数ということですね

そこで思い出したのが、以前のブログで

doTERRA(ドテラ)のアースリズムという第一チャクラに対応するはずのアロマを嗅いだとき、

予想では128Hz(432Hzピタゴラス音律のドの音)のはずが、

何故か440Hz平均律のドの音、130.8Hzのほうに合っちゃったのです

しかし、よくボトルを見てみると、そのボトルは小さな詰替えボトルで、そのボトルの栓が溶剤で溶けていたのでした

それが原因だと思っていると、一緒に居た友人が、
オリジナルのボトルに入ったアースリズムをちょうど持っており、
そのアロマを買いでみたらばっちり128Hzの音と共鳴したのでした

そこで、もしかすると、
化学物質が入ったアロマは440Hz平均律の音に合うのだろうか?
と思っていたのです。

▼このときのブログ
プラスチックが入ったアロマ_1000x750 


そしたら、出てきたのが、440Hz音叉は化学物質チューナーだと


びっくりしますよ

440Hzを初めて広めたのは、ナチスドイツです

そのナチスドイツを援助していたのは石油王ロックフェラーです

そして、第二次大戦後、440Hzを国際標準ピッチを決定しようとして推し進めたのがロックフェラーです

すべてつながりました

A=440Hzピッチの音楽は石油製品の波長に合うから石油製品がよく売れる

そういうことなのだろうか


IMG_3658_20181011120812038.jpg 

この情報を発見したあと、レジに行くと

支払いが432円!

オチまでついていた・・・




◆◆ イベント予定 ◆◆

2018/11/04【多摩】第32回 東京都中途失聴・難聴者の集いに出展
https://www.tonancyo.org/event/2016/05/31.html

2018/11/11【盛岡】もりおか広域逸品フェア2018出展



◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラの位置に意識を向けたい方や、アロマのチャクラを知りたい方、
ボイストレーニングしたい方、ヒーリングなどにぴったりです。
9つのチャクラの周波数


音楽は声を響かせ、体を響かせること 432Hzピッチだとすごく合う

1060_267x401.jpg 
Designed by Freepik


音楽は声を響かせ、体を響かせること


響く(振動させる)ことによって、


楽しい気分にもさせるし、体を治す薬になるのです


いろいろなアーティストの中で、とくにわたしが押したいのが、新垣勉さん


新垣さんの歌声にピッチを合わせながらだと、かなりの割合でハミングがぴったりなんです


ぴったりっていうのは、ハミング(鼻歌)がとっても気持ちよく出せます


ハミングすると、副鼻腔で一酸化窒素(NO)が発生します


その一酸化窒素の効果を見つけたルイス・J・イグナロ博士は、その研究でノーベル賞受賞


一酸化窒素はアンチエイジングに役立ち、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの原因となる『血管病』を治す物質なのです


ハミングをすると健康に良いという情報は山程ありますが、その理由は、この一酸化窒素(NO)によるところが大きいと言われております(体の中でNOが特に多く発生するのが副鼻腔であり、ハミングで効果的に増える)


ハミングが副鼻腔炎を予防する?、鼻腔NO濃度の上昇が確認

(ブログ) 大野一道先生と ハミング・一酸化窒素・副鼻腔!?

 

 

今、新垣勉さんの声に合わせながらハミングしていると、ものすごく気持ちがいい!


とにかくやってみてくださいませ!


 

新垣勉さん「千の風になって」


他の歌手も「千の風になって」は歌っておりますが、新垣勉さんは特に気持ちよくハミングでき、歌い終わった終わったあとの余韻も長く楽しめました


ハミングではなく、ハモって歌うのもとっても気持ちがいいのですが、ハミングは体の内側に響くので、おすすめしております




愛燦燦 新垣勉

こちらもそうです


オリジナルの美空ひばりさんよりも響きます


愛燦燦 美空ひばり


聞いたときの好みは分かれるところですが、響くということで比較してみると、違いがよく分かるとおもいます。



ハミングに合うピッチがあります


わたしは新垣勉さんはハミングがとてもしやすいので、A=432Hzの声をしていると思っています


なんでそう思うのか、


それはこの動画の実験をしていただければ、分かると思いますが、

いま主流のピッチ A=440Hz(ラの音を440ヘルツにすること)

の音に合わせてハミングしたときと、A=432Hzにしたときのハミングの具合です



A=432Hzにしたときのほうが、ハミングが体の奥まで響く感じがあることが分かるでしょうか?


だからそうだと思うのです



432Playerを使って、新垣さんの声が432Hzかどうか試してみました



432P.png 

https://www.432player.com/

こういうアプリが有るんです


このアプリは、440Hzに調律された音楽のピッチを432Hzに8Hz分の割合(98.2%)落とさせ、聞くことができるものです



以前このようなものを参考に作りました


お分かりでしょうか?


May J.さんの歌声を432Playerのスイッチを入れた途端に


気合の籠もった声になっているということを


この主題歌の伴奏は440Hzに調律されており、May J.さんも見事に完璧というまでにそのピッチで歌っているから、このアプリの効果がわかりやすいのです


ところで、松たか子さんはこの曲で全世界から評価されました


そのきっかけになったのが、この動画です




松たか子さんだけがなんだか特別な感じだと頷けるかもしれません


他の国の歌手の方はMay J.さんの声にとても似ている気がします


そこで、松たか子さんの歌声を432Playerにかけてみるとどうなるか・・・・


見事に気合が抜けました・・・・


松たか子さんの歌声は、無加工だとお腹から声が出ている実感がありましたが、432Playerを用いて、ピッチを下げると、とたんに歌声の力、魂が無くなりました



ということは、


松たか子さんの歌声は432Hzピッチだということなのではないでしょうか?


ということで、新垣勉さんにも同じ実験をしてみました


ハミングがとてもしやすかった「千の風になって」が急にしにくくなりました


高らかにハミングしていたのが、急に鼻が詰まったようになるのです


ハミングは体に良いと言っても、ハミングしやすい曲と、しにくい曲があるのです


今の時代、ハミングしている人はあまり見かけませんが、昔はよく「親父が風呂で鼻歌歌ってた」とかあったと思います


それは現在の音楽がA=440Hz(あるいは442Hzなど)主流になってしまったのもあるのかもしれません。


432Hzの音楽といえば、有名なのが、ルドルフ・シュタイナーのライアーですが、ドイツでは音楽療法として、病気治療に使うと保険が効き、シュタイナー教育の学校でも積極的に、音楽教育でこのA=432Hzが用いられています


その伴奏だったら、肉体に合った波長なので、うまく声が出しやすくなるし、肚に意識を向けている時間が多くなり、体幹を鍛えるのも容易になってくるはずです


人間の声は完全5度のピタゴラス音律で出来ておりますから、

A=432Hzで歌うと自然と、チャクラの周波数にぴったりになります



そのへんの、440Hz vs  432Hz のことは、いっぱいネットに情報がありますので、みてくださいね


個人的には、カラオケの伴奏が440Hzですので、スイッチひとつで432Hzにすることが出来たら歌いやすくなって、歌いにゆくのに・・・・と思います




ご質問ありましたら、コメントまでお寄せください









◆◆ イベント予定 ◆◆

2018/11/04【多摩】第32回 東京都中途失聴・難聴者の集いに出展
https://www.tonancyo.org/event/2016/05/31.html

2018/11/11【盛岡】もりおか広域逸品フェア2018出展



◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラの位置に意識を向けたい方や、アロマのチャクラを知りたい方、
ボイストレーニングしたい方、ヒーリングなどにぴったりです。
9つのチャクラの周波数


ラの音=笑顔の周波数

432Hzは笑顔の周波数?

笑顔の周波数光太朗 

光太朗は最近、「おれ!」とか「おまえ!」とか言い始めて、言葉が汚くなってきたなぁ・・・・

という年頃なのですが、

声がとてもかわいいので、どんな汚い言葉で罵っても

かわいい(*´ω`*)

としか思えません

現在440Hzや442Hzを基準音にした音楽が溢れていますが、シュタイナーやオペラ作曲家ヴェルディの推奨する432Hzを基準音にした音楽が体にとても良いという話があります

この432Hzをラの音(A)にして、ピタゴラス音律という現在主流の平均律とは違う昔の音階にするとインド哲学で有名なチャクラの位置にピッタリ意識を合わせることができることがわかりました

その中での今日の発見は、「ラの音は頬を上げるのが楽にできる」

ということです



実験動画を作りましたので、お試しください

ラの音(108Hzや216Hzや432Hzなど)は、気分が楽しくなる周波数「ラララ〜♪」「ランランラン♪」という感覚になることをして知っていましたが、ほっぺたの筋肉がとても上がりやすいということがわかりました

ラの音に共振する香りは、コーヒー、緑茶、日本酒など、気分が高揚する感じです

クラシックの演奏会などでも、音合わせはラの音な理由も、心がワクワクと高揚するからだと思います


周波数にまつわる話はこちらのブログも御覧ください

Read more...



◆◆ イベント予定 ◆◆

2018/11/04【多摩】第32回 東京都中途失聴・難聴者の集いに出展
https://www.tonancyo.org/event/2016/05/31.html

2018/11/11【盛岡】もりおか広域逸品フェア2018出展



◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラの位置に意識を向けたい方や、アロマのチャクラを知りたい方、
ボイストレーニングしたい方、ヒーリングなどにぴったりです。
9つのチャクラの周波数


チャクラの周波数にぴったりなアロマと、合わない化学物質の入ったアロマ

いろいろなアロマもチャクラの周波数にぴったり!


キャメルKにお越しくださったかおりさん

おととい、展示会の初日に、わたしが話題にした


というのを聞いて、フランキンセンスの香りと周波数を試してもらったところ

すごく共感してくださりました

そしてその時持っていたアロマを試してみました

おとといに持っていたのは、ドテラのフォーギブというもので、

とてもいい香り

結構好み!

この香りはチャクラに一致しそうな気がする・・・・

フォーギブのE調べているところ 

周波数実験してみると、ミでした(162Hz・432Hzピタゴラス音律のE)

みぞおち。第三チャクラの太陽神経叢というところです

この周波数だと、みぞおちのあたりに、グググっとくるのです

大きく香りを吸って、体に入ってくる感じ

他の周波数だと、表面に漂う感じの香りなのです

FullSizeRender 3 
その場でアロマスプレーを作ってもらっちゃった
ありがとうございます(^ ^)
(Eはミの意味で自分で書きました)

めちゃくちゃ大受けして、しまい・・・・・


IMG_0006_20170929224339ca6.jpg 
昨日、たっぷりと持ってきてもらいました(笑)
これでも一部

おおおっ!!

それぞれ、違うところのチャクラに反応する!

kaori.png
わたしが調べた周波数に同意できるか検証中・・・・

キャメルKでの展示は、ほとんど告知していなかったので、12時すぎまでじっくりとチェックしました


聖なる音の話とスピーカー作り教室



FullSizeRender_2017092922392554d.jpg
そして昨日は聖なる音の話「応用編」でしたが、基礎編を聞いてない方も参加があり、6人も聞いてくださりました

FullSizeRender 2
そのあとの時間は、手作りスピーカー教室した
他のスピーカーも作ることができるのですが、この周波数の話をすると、抱っこスピーカーが人気すぎます


その聖なる音の話と、スピーカー教室の間の時間に大きな事件が起こったのです


化学物質の香りはチャクラとずれる?


講座のあとの休憩中に、同じアロマ好きの佳子さんが持ってきたドテラの「アースリズム」の香りのことを聞いてきました

この下にある写真の小さい方のボトルに入れておりました
それを嗅ぎました

そして事件勃発なわけだ

プラスチックが入ったアロマ_1000x750 
同じドテラのアースリズム
右側の小瓶の中にもアースリズムが入っていて、その小瓶で周波数をチェックしました

第一チャクラ(C・ド)ではないかと言われたので、128Hzでチェックしてみましたら

なぜか合っている印象がない・・・

そこで、別の周波数にしてみても、合っている印象が薄い・・・

どういうわけなんだろう・・・・・

「もしかしたら、440Hz系統のドだったりして!」

と言うので、まさかと思って、やってみたら、

440Hz平均律でのド(C)の音130.8Hzのほうが、
128Hzでの体感よりも強いことがわかりました!

なにこれ!
「これからは使わないほうがいいのかもっ」

って、ドキッとしたのですが、、、、

直後に小瓶のプラスチックが溶けていることを発見!

これかっ!

一緒にいた、かおりさんが
元のアースリズムを持っていたので、嗅いでみたら香りが違う!

元々のアースリズムの香りは
128Hzでおなかまで吸うことができました!
ばっちり共鳴しております

化学物質は440Hz平均律のドレミファソラシに共鳴するようになっているのだろうか・・・・

(128Hzと130.8Hzはたったの3Hzくらいの違いですが、とても大きな違いに感じられます)


病気の人は周波数がずれている


今朝、これを書く前に、ひらめいたのですが
440Hz系統のラ音は生まれたての赤ちゃんの泣き声、女性の悲鳴の周波数だと言われております
先日も「ハク学の壁」という番組でそのことをやっておりました(番組で実測した時には赤ちゃんの泣き声440Hz〜460Hzでした)

病気の人は周波数がずれている

という話があります

本来128Hzで共鳴するはずのアロマが、本来の場所ではなく、130.8Hz(440Hz平均律のC)で共鳴しました(130.8Hzよりもっと合うところがあったかもしれませんが、追求はこれ以上しませんでした)

それは、アロマが悲鳴をあげていた!

ということなのではないかと思ったのです

自然のものは432Hzピタゴラス音律に共鳴するように
できている

不自然なものはそこから離れているということが
わかったのでした

そして、さらに実験で思い出したことがあります

ドテラのアロマの中でテラアーマーというものがありますが、

このアロマは、どのチャクラでもありませんでした

このアロマは虫除けを作ることができるアロマです

そこで、状況からひらめいたのですが、不自然なものはチャクラの周波数に合わないのです

このテラアーマーは、どのチャクラにも合いませんでした

不自然な香りということなのだと思います

だから、蚊が逃げ出すというのではないだろうか・・・・・・

20種類くらい調べました


昨日はたくさん調べました
やっているうちに、疲れてきたので、やめましたが、まだ倍くらいは残ってました(^_^;)

▼アロマの一覧はこちらに移動しました▼





◆◆ イベント予定 ◆◆

2018/11/04【多摩】第32回 東京都中途失聴・難聴者の集いに出展
https://www.tonancyo.org/event/2016/05/31.html

2018/11/11【盛岡】もりおか広域逸品フェア2018出展



◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラの位置に意識を向けたい方や、アロマのチャクラを知りたい方、
ボイストレーニングしたい方、ヒーリングなどにぴったりです。
9つのチャクラの周波数


第15回世界音楽療法学会に行ってきました その1

7月4日から5日間開催された日本ではじめての世界音楽療法学会に行ってきました

世界音楽療法大会00004_1033x1199


抱っこスピーカーを64Hzで鳴らして体に当てていると、長い間苦しんでいた腰痛が解消したとか、ぎっくり腰が治ったとか、蓄膿症が治ってしまった、足がつならくなったなど、数々の報告を受けまして、これは音楽療法学会でもこういうネタがあるのかと、勇んで行ったのでした

ですが、、、

音楽療法とは音楽のもつリラックス効果やコミュニケーションを引き出す効果を利用することで、心身の障害の改善や生活の質の向上を目指していく療法です。

ここにありますように、音楽療法はコミュニケーションや、精神を癒すことに焦点を当てていて、
肉体に及ぼす音の効果については、ほとんど語られておりませんでした・・



ですが、いくつも面白い話が聞けたり、和太鼓を打ったり、勉強になりました

その中でも、体に合った周波数のことについて、2つ見つけたことがありました



合唱すると人間は432Hzをラの音にしたピタゴラス音律の声になる


講師の方は世界中からきており、立ち寄ったのがインド式の発声練習方法を教わるところ

インド式の発音 

こんな感じのテキストを見ながら、
みんなで
サーリー、リーガー、ガーパー、パーダー、ダーサー
って発音しました

ほんとは、もっと長いです


この言葉はインド式のドレミの発音みたいです

このときに、わたしはこのアプリを使って声を計測してました
432Hzピタゴラス音律に合わせてみると

screen568x568_20170727181424468.jpeg

みんなの声が度々432Hzピタゴラス音律のドレミの声にあっている

講師が鉄琴を鳴らして声の調律をしているようなのだけど、

その鉄琴の音は440Hz平均律での音でした

つまり、鉄琴の音から声が低くずれて、発声している

みんなが声を出しているから、鉄琴の音はちょっとしか聞こえず、
周りの人の声に合わせているようです

人間の歌う声は伴奏などがない自然の状態で合唱すると、
ピタゴラス音律だという話を前から知っておりました

それに、声楽の2人以上の先生から、432Hzの話をすると、
「レッスンの時には440Hz平均律に声を合わせられるのに、次のレッスンの時には声がピタゴラス音律になってて、ピアノより低い声になることがよくある」

と言われました

前のブログにも書いた通り、
ドの音が128Hzや256Hzになる432Hzをラの音にしたピタゴラス音律だと
一番丹田に力が入り、姿勢も一番いい状態になる

無伴奏で気持ち良く声を出していると、
432Hzピタゴラス音律の声になるのではないかと思っていました
その通りなのだと、体験することができたのです

わたしがそう思っただけで、インド人の講師はそんなこと言ってない

それに、講師が1人で手本の声を出してくれている時の声は鉄琴とおなじ、440Hz平均律の声でした

みんなは講師の声をほとんど無視して、まわりの声に合わせていました

やっぱり人の体はそれが自然なのだと、ますます思いました



おしらせ

明日は、ふうちゃんのイベントに行きます
抱っこスピーカーたくさん用意しました
スピーカー教室もあさってから3日連続でやりますので、ご近所の方お見逃しなく





◆◆ イベント予定 ◆◆

2018/11/04【多摩】第32回 東京都中途失聴・難聴者の集いに出展
https://www.tonancyo.org/event/2016/05/31.html

2018/11/11【盛岡】もりおか広域逸品フェア2018出展



◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラの位置に意識を向けたい方や、アロマのチャクラを知りたい方、
ボイストレーニングしたい方、ヒーリングなどにぴったりです。
9つのチャクラの周波数