抱っこスピーカーとハンディスピーカーのカバー

この猫が抱いているのはなんでしょう・・・・・・


IMG_0232.jpg

スピーカーなのです(^ ^)

ハンディスピーカー・テブル緑_288x410 
ハンディスピーカー・テブルという、スピーカー教室で制作できるスピーカーです
これが入ってます


島根県でのスピーカー教室に参加した方が得意の技を使って作ったのです


手に持ってもかわいい・・・


IMG_0228.jpg


この頭のところ、とても薄くて音抜けの良い布です


IMG_0227.jpg


底は開けられるようになっていて、簡単にスイッチを入れられます

Bluetoothをつかって、無線スピーカーとして使ってます

IMG_0229.jpg

猫は隣に置かれて、はじめはびっくりしていたようですが、
慣れて親しんでいるそうです



こっちは抱っこスピーカーのカバーです


IMG_0218.jpg

抱き心地もよさそう(o^^o)!

アヴァンギャルド〜〜



IMG_0216.jpg

こっちも抱き心地よさそう


注文生産でカバーをつくってくれるそうです

わたしに連絡くださいませ





人それぞれ聞きたい音量は違います

音響学会の懇親会にきております


途中でライブが始まったのですが、大音量


隣の人と会話するにも大きな声で話さないといけません


もっと音量を低くすればいいと思うのですが、、


できればスピーカーを使わずに、生音だけだと一番いいのです


聞きたい人が演奏者に近づけば最高の音質と好みの音量で聞けます


こんなに会場一杯に響かせるのは、聞きたくない人は出て行け状態


で、耳も体も疲れるので、廊下に出てきてしまいました


こんなとき、人それぞれで聞きたい音量で聞ければいいなと、思います


その方法、自分にできることはないかと考えてましたら、


メインスピーカーを排除して、無線の抱っこスピーカーをたくさん置くことです


大きな音を聞きたい人は抱っこスピーカーを持てば、体感振動とともに、耳元で大きな音量で聞けます


小さい音量で聴きたい人、聴きたくない人はそのスピーカーを持たなければ、カフェのBGMくらいの音量ですむのです




日本音響学会の秋季研究発表会でやわらかいスピーカーの発表いたします

会津大学にて、9月16日から3日間開催される

日本音響学会の秋季大会にて学会発表することになりました


今まで、いつかは学会に発表したいと思っていたのですが、そのやり方も分からず

発明から7年が経過しましたが、、、、

ここ盛岡に引っ越して、音響学会の会員、岩手県立大学の伊藤憲三先生と出会えました

伊藤先生から、多大な協力をいただきまして発表できることになりました\(^o^)/

会場は会津大学なので、盛岡からも近いです

onkyo-youshi.jpg

要旨がホームページ上から見られるようになったので、

他にどのようなものが発表されるかわかるようになりました

どれも、専門的で研究分野が細分化しており、

わたしの発表が明らかに浮いてるような気がします

どういうことかというと、スピーカーの箱部分(エンクロージャー)の大転換をもたらして

非常に多様な応用が効き、、

なおかつシンプルで誰にでもすぐ手持ちの材料で実証できます


反響がとても楽しみです。

15分と短い間ですので、ギュギュギューと絞ってまいります

あけましておめでとうございます、個展開催のお知らせ

o0540094112779801480.jpg
                    ゆうかさんのサイトより画像を使用させていただきました


あけましておめでとうございます

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました

本年も相変わらずよろしくお願いいたします

今年は大きな変化のある年になりそうです

今年2月に妻の実家のある、岩手県盛岡市に本社を移転することになりました

去年男児が生まれ3人の親にもなり、子育ての不安解消から移転することになりました

移転後さらなる飛躍を期待して下さい。

昨年も注目の新製品が誕生し弊社のiPad対応スピーカー「サウンドスクロール」が松山ブランド新製品コンテストにおいて、県知事賞をいただきました

そして次世代スピーカーとしてクッション型の抱っこスピーカーが注目をあつめました

持って聞くと生演奏している気分を味わえ、歌手に耳元で歌ってもらうような感覚や、重度の聴覚障がい者にも体感で音楽が楽しめることが評価され、オーディオショーや、ろう者のイベントでも大評判でした


「エンサウンドスピーカー初の個展開催です」

東京ビジネスサミット大賞やネクスト・ワンなど様々なコンテストで優秀な成績を収めてはいるものの、ビックサイトなどでの展示会では魅力を充分に伝えられずにしまっているスピーカー。伝統竹工芸を利用した光るスピーカーの「鳳凰」「孔雀」「流星」を中心に幻想的な空間と音を演出いたします。

わたしは松山市三津浜の名店「踊るうどん永木」を経営している傍ら、画期的なスピーカー(ソフトエンクロージャースピーカー)を発明し転身、エンサウンドを立ちあげました。

このほど数々の受賞経験のあるエンサウンドスピーカー(松山市)の魅力を最大限に発揮した個展を開催致します。

展示はネクストワン県知事賞「サウンドスクロール」、同優秀賞「鳳凰」・同会頭賞「ハーピィ」の他、リアルに楽器の振動を肌で感じ、ろう者にも音を肌で感じられると賞賛されている体感振動スピーカーの「抱っこスピーカー」、ほかにも多くの画期的で独創的なスピーカーを展示いたします。

18(土),19(日)はスピーカー作りワークショップも開催いたします(要予約)
18日 絨毯スピーカー(¥14000~) 午後2時~
19日 ポケットスピーカー(¥8000~)午後2時~

日時 1月17日~22日(入場無料)
11時~18時、最終日は17時まで
会場 松山市錦町33-3
「ギャラリーキャメルK」
 TEL 089-913-2002
問い合わせ (株)エンサウンド
 菅 080-4037-3588

-------------------------------------------------
1月5日にはスピーカー教室も開催いたします
カーコンビニ倶楽部松山北店にて
-------------------------------------------------

音楽が持つ癒やしの力

人間にとって、生物にとって踊りや音楽、芸術が必需品なんだと思って目覚めたらこの記事が目に飛び込みましたので転載です。

体外受精の成功率がアップうするということは、まだ耳ができてないときから聞いているということ?

ヘビーメタルが怒りを開放する。なんとなく納得です。若いころ怒りが盛んなときにはほんとそうでした。

生活環境が昔と違って、ヘッドホンで聞く人が多くなってしまいましたが、全身の細胞で聞くことが特に良いのは間違いないです。

特に裸足で踊りながら聞くことはさらに細胞に音を吸収させているようです。

スピリットダンスをしていてそう思います。髪の毛や足の裏からでも音楽を聞いている気がします。




http://woman.mynavi.jp/article/131011-050/
から
-------------------------------------------------

音楽が持つ癒やしのチカラ「体外受精の成功率がアップ」「赤ちゃんの成長が早い」―研究結果
Update : 2013.10.11


忙しい生活を送っていると、自分がどれだけ疲れているのかに気づかないことが多いものです。ある時、突然糸が切れてしまったようにウツ状態になる人もたくさんいます。

【やる気がアップ!? 働く女子が「音楽があってよかったと思う瞬間」】

疲れやウツだけではなく、さまざまな症状に音楽が効くということが研究の結果明らかになりました。

伝説的なロックバンドU2のボーカルであるボノはこう言いました。

「音楽は世界を変えることができる。なぜなら音楽は人を変えるからだ」

音楽の持つ癒やしのチカラをご紹介しましょう。

●体外受精の成功率がアップする
研究によると、音楽を流しながら体外受精を行うと、受精を阻害する物質を減少させるので成功率がアップすることが明らかになっています。音楽にこんなチカラがあるなんて、驚きです。

●ウツに効く
ウツやガンなどの病によってひどく気持ちが落ち込んでいる人にも、音楽の効果が証明されています。性格やその人が何を必要としているかによって、流す音楽のチョイスも大切になってきます。明るい音楽はウツの人の気持ちを明るくしますし、ヘビーメタルは怒りを覚えている人の怒りを解放します。
宗教音楽はその人の信じている宗教の信仰を強めます。

●心臓に良い
音楽は心臓に良い影響を与えてくれるそうです。特にお気に入りの音楽を聞くと感情が高まり、血液がよりスムーズに体内を流れるようになるのです。血液がスムーズに流れると、年をとってからも心臓の疾患に見舞われる確率が低くなるそうです。

●痛みを軽減する
カナダのアルバータ大学の研究によると、病気で痛みを抱えている子どもたちに音楽を聞かせたところ、痛みが軽減することが明らかになりました。子どもが痛がる回数が格段に減るので、両親も音楽が痛みを軽減することを認めて、いつも音楽を流すようにしているそうですよ。

●新生児の成長に良い
ニューヨークのメディカルセンターの研究によると、新生児が健やかに成長することがわかりました。特にICUに入っているような未熟児にパーカッションや海の音などを聞かせると、未熟児が心拍数を一定に保ち、心地よい睡眠を得られるそうですよ。音楽よりももっともっとチカラのあるものは、両親の歌声だといいます。両親が歌う声を子どもはちゃんとわかっていて、両親へ心が強く結びつくそうですよ。

音楽の持つさまざまな癒やしのチカラを紹介しました。日常、非日常、私たちの生活は音楽に満ちあふれています。健康のためにもっともっと有効利用していきたいものですね。

参考:8 Ways Music can Help Imporove Your Life
http://www.babble.com/body-mind/8-ways-music-can-help-improve-your-life/patient-depression/