良いアイデアが湧いたときの周波数 96Hz

あぁーーあぁーーあぁーー


アイデア💡がふと出て、それに同意できるとき

心地よいバイブレーションがお腹の深くから自然と出てくることを発見!


そんなことってありますよね
 
 
相手の話にものすごく同意できたとき

先ほど経験しました


アイデアそのものよりも、こっちのバイブレーションが気になった


使える気がする
 
 
腹まで届く振動
 
 
腹に落ちたというのはこういうことなのか


 

周波数は喉チャクラの96Hz前後でした

美味しい考えに「喉を鳴らす」なのか(^^)


気分が良くない時に、この振動数を覚えておくと、これまた気分のリフレッシュにも使えると思います


喉のチャクラはコミュニケーションなどにも関係しますので、ストレスによる失語症にも役立つのではないかな

96Hzはこれです



低音なので、スマホのスピーカーに耳を近づけたり、イヤホンを使ってください

同じ周波数で、喉をならしてみてくださいね



体の中の音楽 ・ しびれに64Hzが効いた

しびれに64Hzを当てると直る 体の中の音楽

瞑想の時に128Hzの音を鳴らすのをしてるのですが、今日は64Hzにしてみました

どちらも同じ第1チャクラの周波数(会陰)です

手が痺れて(しびれて)きたなと思ったら、手の痺れのピリピリのサイクルと64Hzの振動数が一致するような気がしてきました

別に64Hzを鳴らしているから手が痺れてきたわけではありません、それはじっとした姿勢だとよくある事

耳鳴りも、その周波数と同じものを聞くと治るように、しびれもそうなのかなと思って、スピーカーを直接しびれに当てて見ると、、、


見事に消えました!


それもサクッと
 
 

もしかして、

耳鳴りもしびれも、痛みも、体の中から聞こえる音楽であり、その音楽に従ってハーモニーすると癒されるということなのではないでしょうか?
 
 
座禅をしおわって、立ち上がる時、いつもよりもしびれを感じませんでした。
 

▼わたしが実体験した体の音へのリンクです
 
 
そういえば、わたしのしているパラマハンサ・ヨガナンダの瞑想法も、それにかなり近いものを感じています


わたしなりにおおおっ!と思ったので、走り書きでお粗末な字なのですが、記念写真でした



そのあと、「64Hz 痺れ」で検索するとやはり神経に効く周波数だそうです

TenohiraB708x800.jpg 
この手のひらスピーカーを使うと、とてもやりやすいです
 
 
黒いスピーカー側を当てます
 
 
音楽療法用につくったわけではないのですが、そっちからのオファーもいただいております。
一人で聴くには最高の音色だと思うし、聴覚支援学校では胸に当てて発語・発声訓練にもつかわれております
 





呼吸法のときの声で気がついたこと

ちょっこりメモがてらに・・・・

瞑想の準備として、呼吸法をしています。

20秒数える間に吸って、20秒息をとめて、20秒吐き出すのですが、その吐き出すときに

あ~、お〜、う〜、む~

と声を出しています。

最後の「む」の音は「ん」とほとんどおなじです

チャクラで言うと会陰のところを意識しており、とても低い振動数です

あ・・・胸

お・・・みぞおち

う・・・丹田・性器

む・・・会陰

という感じで意識しています

1分間1呼吸というのはかなりわたしにとってハードです

ここで今朝気がついたのは、意識がよく集中していると、声出しがスムーズです

最後の「む」ですが、こころが乱れると出そうと思ってもうまく出せなくなることがあるのです

今朝も、お金の心配がふと湧いてきましたら、とたんに出すことが難しくなって、びっくりしました

恐れ。。ストレスがかかって、声がでなくなるということかな

もしかしたら、失語症とかはもっと強いストレスがかかったときにそうなるのかな?



幸せな気持ちのときに、自然と鼻歌がでてくるという話があります

もしかしたら、幸せな気分のときは「む~」の声がとても出しやすい状態なのかも


その呼吸法の前には、256Hzを鳴らしながら、あわ歌を歌ってみたり、

128Hzをスピーカーから鳴らしながら般若心経を唱えてみたりしています

宗教的な理由ではなく、それをすると気持ちいい、心が静まるからです

128Hzや256Hzは会陰のチャクラ(第一チャクラ)の振動数です

心が落ち着きます

もしかすると、心が落ち着いていないとき、その周波数に自分の体が共振するのを拒否している状態なのかも・・・・・

とも思えるのでした。




イベント紹介−−−−−−−−−−−−−−−−−

▼2017/2/15【一関】第11回企業情報交換会inいちのせき
 ・抱っこスピーカーと手のひらスピーカーの展示

▼2017/02/18【武蔵小杉】夢を語る交流会、巨大バルーン創りとバイオリン演奏
 ・抱っこスピーカーを利用します

▼2017/2/19【浜松】手作り抱っこスピーカー教室

▼2017/2/25【那覇】チャクラの周波数の話と、スピリットダンス

▼2017/2/26【那覇】手作り抱っこスピーカー教室

▼2017/03/09 【盛岡】手打ちうどん教室



腰痛に第二チャクラの周波数を手のひらスピーカーで当ててみた(続編)

先日紹介したブログの話を知り合いにしておりましたら

腰がいたいというのでやってもらいました

使ったのは手のひらスピーカーです


TenohiraB708x800.jpg

このスピーカー部分を腰に当てて、288Hzの周波数(正弦波)を鳴らします


Tenohira288.jpg

こんな感じで2個使ったのがさらによいみたいです

さらに鳴らしている音に合わせて、口でも同じ音を出すと効果が高いと思っているので、やってもらいます

そうすると、スピーカーを当てている部分だけでなく、体の骨全体にその振動が届くと思ったからです

わたしはこの288Hzの音をだすのが好きですが、やってもらった人も同様に、声を出して気持ちがいいとのこと



左右の腰にスピーカーを当ててもらいました

はじめは左右の腰で振動の感覚が異なっていました

「痛い側はあまり振動を感じない」

ということだったのですが、数分やっているうちに、左右の差が同じくらいになってきて、楽になったと言われました



先日漢方のお店をしている義母にも試してもらったとき、これが非常によく効いた感覚がして、お客様にも紹介したいとのこと

そこで、周波数を出すアプリとスピーカーの使い方レッスンもしたのでした

面白い・・・

面白いぞ



近々のイベントのお知らせ

▼2017/2/12【栃木】手作り抱っこスピーカー教室
https://www.facebook.com/events/257424611353834/

▼2017/2/15【一関】第11回企業情報交換会inいちのせき
 ・抱っこスピーカーと手のひらスピーカーの展示

▼2017/02/18【武蔵小杉】夢を語る交流会、巨大バルーン創りとバイオリン演奏
 ・抱っこスピーカーを利用します

▼2017/2/19【浜松】手作り抱っこスピーカー教室

▼2017/2/25【那覇】チャクラの周波数の話と、スピリットダンス

▼2017/2/26【那覇】手作り抱っこスピーカー教室

▼2017/03/09 【盛岡】手打ちうどん教室






腰の痛みに効く周波数

少し右の腰のところが痛いので、音響療法が効くだろうかと試してみた


腰だから第2チャクラあたりの周波数144Hzの音を鳴らしながら、

手のひらスピーカーを痛みのあるところに当ててみた 


念のために、Oリングで第1チャクラや第3チャクラの周波数や丹田の周波数で試してみたけれど、

144Hzや288Hz(ピタゴラス音律A432HzのDの音)が良いみたい 

痛みが数分で半分になりました 

このあと、近所でアルミホイルを買って、アルミの痛み止め効果を試してみます 

(音を当てたその1時間後、すっかり痛みが消えてしまったので、アルミの効果を確かめることができず・・・・・・)

その後、肩こりにアルミホイルが効くそうなので、試してみましたら、あっというまに肩が暖かくなり、痛みも無くなってしまいました



痛みがあると、ついつい実験対象にしてしまう癖です (笑)

これまでも、頭痛があったり、眠れなくなったり、胃の痛みがあったり

これで周波数によるいろいろな治癒方法が見つかりました

こんなわたしですから、死ぬときも「どんな世界かな〜〜自分の想像していたものと、どんなけ違うのかなぁ〜〜」とジェットコースターに乗る前の気分でそれを迎えるんだと思います

144Hztenohira.jpg