ギスギスした関係にならないために

DSCF4467.jpg
ほなみの新しい扱い方を発見しました

前は、「おいで~」と言って手をこまねいたら来てくれていたのですが、最近は手を振り振りして拒否します

近づいたら逃げて、手を持つだけで泣き出します

父親の危機!!

よっぽど嫌われることをしたのだろうか(T_T)



しかし、待てよ!

こういうときは作戦変更

来て欲しいときに、おもちゃの人参を手に取り、それを振り振りして「おいで~」というと、喜んで来てくれました

単純なんだね


しかしこの作戦に気がつかなければ、いつまでも関係がギスギスしたままになったかも

無理矢理泣きまくる娘をひっつかまえて連れてくるっていうのは、智恵がないんじゃない?って思えました

男女関係も同じだなぁと

恋愛してはじめのころは「きて~」というと喜んで「なぁに~」と来てくれますが、数年すれば「なんか用?」って・・・・・

「なにを言ってもあの人はわたしの言うことを聞いてくれないの」とうっぷんを積もらせている方々、同じなんです

つまらないものでも、なにかエサがあれば喜んで動くものです

別に物じゃなくても、あたたかい言葉でもいいのです

望み通りにならない人にイライラするよりは、「間違ったやりかたをした自分が悪かったんだ」と、やり方を替えてみるというのがいいようです

北風には太陽、ほなみには人参ということでした

カワイイ目線

  • Day:2009.03.27 23:41
  • Cat:家族
DSCF4411.jpg

女の子を斜め上から眺めると、目が大きく小顔に見えるそうだ
ほなみは何故か、この上目づかいをするようになった
教えてもないのにどういう訳だ・・・・
でもかわいい

DSCF4414.jpg
とまぁ
調子に乗るかもしれんので、おむつ替えを押さえました
あげといたら、反対もやらんとね
でも、表情はポーズを取っており、すぐ後で写真を確認しにきて、にやっとしてました


DSCF4460.jpg
本日は久万ノ台公園に花見です
あと、2,3日が見所かな

今回のスピーカー

DSCF4403.jpg
今回の音楽会で使用したスピーカーは38cmと10cmタイプのを活用しました
このJBL38cm用の絨毯スピーカーボックスは試作品ですが、畳んで運ぶことができます
(真ん中の茶色い2本は前回こころ塾で利用した30cmでしたが、38cmのほうがいい感じ)

どんどんスピーカーが巨大化してるんですけど・・・・・・

10cmの小さいのだけでもいい音出ます

音楽会とダンスの会予定

ENSOUNDスピーカーを使った音楽会とスピリットダンスのお知らせです

音楽会
3月26日 三津浜公民館 1F和室 18:30~21:30
4月9日 同上

スピリットダンス
4月1日 三津浜公民館 2F大会議室 19:00~21:30

音楽会はENSOUNDスピーカーを使って音楽を楽しむ会です
聞いてみたいCDやLP、DVDがあれば自由に鳴らせますので持ってきてください

スピリットダンスは音楽を流して自由気ままに踊るダンスです
振り付けはなく、純粋に音楽と体の動きを楽しむダンスです
ゆったりした曲から始めて、だんだんペースを上げてゆき、またゆったりした曲にして静かに終わります
それが1クール(約50分)で2回やります
初めは恥ずかしい気持ちがあって踊りに参加しにくいですが、慣れるとどんどん音楽で自由に踊ることができるようになります

会費は音楽会が500円、ダンスは800円です(実費です、それぞれ、ドリンクとお菓子付き)

三津浜公民館は松山市三津浜支所の裏の建物です。ラムー(旧コーノダイエー)近くです
愛媛県松山市三津3丁目2-30
(正門ゲートから入ってグラウンドに駐車すると公民館が見えます)

参加希望の方はメールか
070-5513-3567 菅順一までご連絡ください

WBC優勝おめでとう

  • Day:2009.03.24 15:49
  • Cat:家族

ほなみも応援していました

箱鳴りの大きさ4割以上

高忠実度再生の為に発明されたアイデアが東芝のHPに出ておりました

補助スピーカを用いた「音忠実再生技術」の開発について
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2009_03/pr_j1601.htm
一部抜粋です

 本技術は筐体部分・支持部分の剛性不足によりメインスピーカから発生した原音以外の音を、メインスピーカに付与した補助スピーカから発生させる逆位相の音により打ち消し、忠実な原音の再生を可能とします。補助スピーカの制御方式としては、原音パルス波形注6のみを残すインパルス応答最適化制御により,スピーカ出力波面を時間領域で忠実に整形できることが特長です。

 通常、標準筐体のスピーカでは全体の約4割程度の原音以外の音が発生しており、薄肉ABS筐体(一般的に小型・薄型AV機器に使用される筐体)からもそれと同等以上の原音以外の音が発生しますが、本技術ではその原音以外の音を90%以上低減させることを基礎実験により確認しました。さらに、この結果として周波数領域のフラット化についても、従来のイコライザ等による周波数領域の改善と比べ、同等以上の効果が実現できることを確認しました。



ここで私が注目したのは従来方式のスピーカーはこんなにもスピーカーからの音に余計な音が混じっているのかということです
普通の単品スピーカーでも4割程度が標準とは!
ラジカセやTVのスピーカーだとさらに深刻です

箱鳴りの原因は箱が鳴るから
鳴らない箱にすれば簡単に解決するのですが
絨毯なら鳴らないのが作れるんです
音が非常にすっきりしていて、生そのもの、重低音の大音量でもへっちゃら

ここで紹介されている技術は複雑でたぶん、小音量程度には効果があるけど、大音量は無理な気がするのです

追記
 箱鳴りが余計な音という表現は失礼かもしれません、タンノイ等高級スピーカーに見られるのですが、箱の鳴りを計算して利用し、より豊かな響きとして楽しむスピーカーもあります(個性のある音なので自然音が不自然になったりジャンルを選ぶようにはなります)

タオル美術館にて

  • Day:2009.03.22 23:13
  • Cat:家族
DSCF4294.jpg

今治のタオル美術館にて
ほなみらしいショットです

DSCF4292.jpg


DSCF4267.jpg

写真に撮られるのが大好きです

盛岡から嫁さんのお母さんが遊びに来ていて4人で行ってきました
明るくてなかなか見所の多い美術館でしたよ

DSCF4253.jpg

この笑顔がたまらん

昨日のこころ塾LIVE

DSCF4242.jpg
みじゅさんとOWLマスター

DSCF4249.jpg
玉樹withビターメモリーズ

最高でございました
昨日のこころ塾での玉樹ソロライブ
アコースティックギターの音色がそのまんま大きくなったみたい
充分迫力ある音量でありながら低音から高音までほぼ癖もなく出ていたと感じました
演奏も素晴らしく気持ちよかったです
出演者、スタッフの皆さんありがとう~

主催のスタジオOWL高橋さん(写真の一番右のギターを弾いてます)のコメントです

予想はしていましたが、予想をはるかに超える音に、感激いたしました。

演奏者として、大変気持ちよく演奏できました。

僕は、今までプロの人がたくさん出るステージにも3度ほど出させていただいた
経験があります。
押尾コータローさん、笑福亭鶴瓶さん、かまやつひろしさん、八代亜紀さん
堀内孝雄さん、スローライダーズさん、堀ちえみさん、原田伸郎さん、
河島翔馬さん、アナム&マキさん・・・・

大きな会場で、大音量で行われるライブでした。

音響は、最高の環境でした。自分もプロになったような気分が味わえました。

しかし、プロの方々の圧倒的なオーラに気後れしてしまい、満足な演奏が出来
ませんでした。

自分の耳に残ったあの音響。

落ち着いてまた、あんな音の環境で演奏できたら良いな~という夢を持ちました。

昨日は、それに近いものを感じました。
アコースティックギターの音が忠実に再現されている!

それに、じゅうたんの見た目の柔らかな質感。落ち着いた色、デザインが、安心
感を醸し出してくれ、非常にリラックスして演奏することができました。

素晴らしいスピーカーだと思います。
ENSOUNDスピーカー最高です!


そして観客として来ていたタンゴさんのコメントです(パリ用のスピーカーをデコレーションしていただきました)
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10748177

今日のライヴ、とても良かったですね!
やっぱ、スピーカー素晴らしいです
低音は厚みや迫力があり、
高音は綺麗な響きや広がりがあり、
演奏がより一層素晴らしく聴こえますよー


とってもまた同じメンバーでやりたいです

モニタースピーカーとして使う場合、2つの改良したほうがいい所が出てきましたので、次回はもっと発展して登場するはずです

いろいろ

DSCF4229.jpg
真剣な目だけど、蹴られても気持ちいいです
っていうか、これで写真撮って!ってポーズしてきました

DSCF4223.jpg
今日は松山ユースホステルで鳴らしてきました
みんなびっくり
大序曲1812年を大音量で聞くと必ずみんな拍手してくれます
「ホール聞きに行かんでよくなるね」だって

ほなみだけが、顔色を変えずに平然としておりました
やはり強者・・・・・

初期型も置いてあります
構造を知りたい人は泊まりに行ってください


スピーカーの測定に初チャレンジ
作業場でJBL38cmとなにかのスピーカー(防水10cmだとおもう)を組み合わせて鳴らしました
試聴位置でマイクAT822を使って録音したのですが、測定用マイクでは無いので正確ではないです
しかも部屋の響きは結構まざっていると思います
が、なかなかフラットな計測結果かな~と???
針の動きが面白いので載せます

フラフープの使い方続編

  • Day:2009.03.18 22:58
  • Cat:家族
今日はスピリットダンスでした


初めは前回のように胸で滑ってたのですが、服が汚れていることを嫁が気にすると
それを気にしたのかお尻で滑るようになりました

DSCF4203.jpg
本日の音響です

20日はこころ塾ホールでライブ、26日は音楽会をやります
http://odoruudon.i-yoblog.com/e145943.html

いないいないばぁっ&まあ兄い山

  • Day:2009.03.18 00:00
  • Cat:家族
DSCF4144.jpg
いないいない・・・・・・・・




DSCF4145.jpg
ばぁ!


今日は天気がいいので梅津寺方面へ
昼間は20度まで気温が上がったそうだ

昼ご飯にMOEMOEさんところでランチ

おいしかったぁ

まあ兄いさんに連絡とってみてお山に行ってきました

DSCF4146.jpg

一人でトコトコ・・・・
坂道登れます

DSCF4149.jpg
まあ兄い山からの景色

DSCF4156.jpg
自然農法の大根にかじりつき
背景は大根の花です

DSCF4162.jpg
まあ兄い山には遊び心をくすぐるものがたくさんあります

他にも観光港を見下ろす絶叫ブランコや大型ハンモック、わらびも沢山取れました

斎藤一人さんの会行ってきました

昨日は斎藤一人さんの講演会に行ってきました

DSCF4122.jpg

やのっぷさん会場で一番目立っていました
喜んでもらえるためなら何でもしますってオーラでてますね
会えてラッキー

DSCF4185.jpg

そして頂いた「仁義」の手ぬぐい
一人さんの字でしょう
可愛い字体がいいですね
素晴らしい言葉が書いていますので画像をクリックしてね

早速38cmで組みました

DSCF4184.jpg

仮組完了です
きっちり鳴りました
クリアな響きです
ただし、実力の15%もこの部屋では出すことができないことでしょう
引っ越し場所模索中です

このスピーカーの重さはスピーカーユニットの重量を含めて、ユニットの重量×2ぐらいです

普通の作り方だとこの38cmのウーハーを使ったスピーカーの総重量は一人で階段を上げ下ろしすることは不可能なぐらい重たいです

来ました38cm

20090317103707
38cmのJBLが届きました
これから組んでみます

普通ならこのスピーカーで作ったら大型冷蔵庫並の重量になりますが、全然苦にならない重さになるでしょう

TAXIでのライブ

DSCF4114.jpg
3月15日に三番町のTAXIであったライブでスピーカーを持ち込みました
出演:のろのろTAXI(よしのなつこ(唄・のこぎり・ギター)・流水辰巳(唄・ギター))

スピーカーはテーブルの上に左右に置いた10cmタイプ横置きと手前右30cmタイプウーハー1個を使用しました

ガラス製の円筒形?スピーカーを持っているというかなりスピーカーに詳しいお客さんは「これはデザインもいいし、ヨーロッパでヒットすること間違いなしだよ」と熱意を込めておっしゃってました

鳴り方は実に自然で、スピーカーから鳴っていることをあまり意識せずに演奏に耳をかたむけることができました

人間の声-抱っこしても気持ちがいいスピーカー

今日は家族でサルサの無料体験レッスンに行ってきました

愛媛CATVのロビーを使ってやりました(普段は別のところでやっています)

どうしても目がいってしまうのが音響設備

ラックの一番下には今朝うちに届いたばかりの業務用アンプと同じ物が置いてありました

スピーカーはABS樹脂で箱(エンクロージャー)ができているE社のPA用スピーカーでした

先生が話をしているときにスピーカーに触ったらかなり振動していました

この振動は箱鳴りの大きな原因です

堅いABS樹脂が触って分かるほど振動しているのですから、その部分からかなり音を立てているはずです

その為に声に機械的な音が混ざって、聞くのが痛い状態になって聞こえます
でもそれが普通です
どんな高級スピーカーでも箱が硬い限りは振動する音が混ざるのは避けることができないのです
それは大きい音を出すほど起こります(ヘッドフォンはかなり小さい音しか出さないので、箱鳴りはおきにくいです、だから動画でスピーカーを紹介しているとき、ヘッドフォンの使用を薦めています)

声を出しながら、自分の首を掴むと首がとても振動しているのが分かります

しかし、スピーカーのように機械的な音はしません

やわらかいからです

たとえば、電動マッサージ器を使って板に当てて振動させるととても大きな音がでますが、体に当てても大きな音はしません(気持ちいい~という音が出る場合があります)
ぶ厚い絨毯に押し当てても同じ事です

エンサウンドスピーカーでアカペラのアヴェ・マリアを鳴らして絨毯を掴むととっても振動しています
それはまるで、歌い手の首根っこを掴んでいるみたいな感覚です
その振動はとても安らぐ振動です(心の安らいだ人の歌なら)

どこかの温泉で、音楽で振動するソファーを体験したことがありますが、あの振動は機械的で強制的、自然な響きが感じられませんでした

エンサウンドスピーカーなら無伴奏チェロを鳴らしながらスピーカーを持つと自分が演奏者になった気分に酔えるほど自然な振動を味わえますし、鯨の鳴き声でやったら鯨のお腹の中にいるみたいと言った人もいました

DSCF2413.jpg
笑いオープンワールドに出店したときにベットを用意してスピーカーを体験してもらいました
耳で聞くだけの試聴以上のほんとに体全身で体験できます(これは特別な使い方ですけど)

こんなスピーカーの聴き方もできるところが、今までと全く違うスピーカーだということを証明しているようです

気持ちよすぎて1日に2回、合計3回来た人もいました
チェロを弾いている人も絶賛してくれました
この聴き方は特に女性に人気でした
男性の場合、はたから腕組みしながら見ている人が多いです

ダンスの会でフラフープを使ってみました

  • Day:2009.03.13 19:02
  • Cat:家族
DSCF4079.jpg

スピリットダンスの会
今回は珍しく参加者が少なくって家族で貸切状態
それをいいことに、こんなことをしてみました

はじめはほなみの手を持って部屋を引きずり回してたのでしたが、腰が痛くなるので、別の方法を捜していたら・・・・・



梅津寺のジェットコースターには乗れませんでしたが、ジェットコースター並みの快感があったでしょうか?

きっと絶叫大好きな性格だな

マイクスタンドを使って置いてみた

DSCF4089.jpg

絨毯でできたエンサウンドスピーカー
3月20日にあるこころ塾ホールでの演奏のため、急遽作成しました
いつまでも20cmスピーカー用の絨毯に載せるのは危ないので作りました

マイクスタンドにスピーカーを取り付けてます
今鳴ってるのは、この2本だけです
そのままでも素晴らしい音で、家やお店で使うなら大丈夫なのですが、当日は30cmの ウーハーも鳴らして、10cmは中音高音用にします



いつもの事なのですが、デジカメの動画なので音がよく録音されてないです
高音質のヘッドフォンで聴くのをお勧めします

うれしいひなまつり

  • Day:2009.03.13 10:07
  • Cat:家族
このごろスピーカーの事ばかり書いてましたのでちょっと休憩

3月3日ひな祭りの日に撮った写真です

CIMG8005.jpg

CIMG8003.jpg
せっかく着た着物でしたが、このあと着物が嫌で着替えました
結局おまるの写真だけ
おまるには座るけど、おむつはまだしています

DSCF3940.jpg


DSCF3939.jpg
こたつ大好き~

大音量で試すことができた

DSCF4051.jpg

昨日は大音量で鳴らせたらなぁと思ってたら、今日できました

昼間なにやら急に名前が思い浮かんだので友人のTさんに連絡しましたら

「うちにおいでよ、じゃんじゃん鳴らしても平気よ~」

というので、行ってきました
三番町で昔カラオケ屋さんをやっていた部屋なのです
これなら大丈夫

鳴らすつもりで電話かけたのでなくって、凄い低音でるスピーカーできたよって報告するだけだったのでしたが、なんともタイミングがちょうどいい

30cmのウーハーを上向きに設置、10cmのフルレンジタイプをこちらむきに設置しました、20cmスピーカー用の絨毯を台にして置くとちょうどいい高さになります

フルレンジ用アンプはSONYの100W+100Wのもの、ウーハー用はYAMAHAの業務用アンプ150W+150Wのもの、音のバランスを取るためにイコライザーを使って低音のみウーハーに行くようになってます
なので、中高音はフルレンジから、低音はウーハーから鳴らします

パソコンに繋いで「大序曲《1812年》作品49」という大砲の実音入りのオーケストラを鳴らしました
この楽曲は定評があります


参ります

フルパワーで大砲の音を鳴らしても全く籠もり無くでます

大砲が鳴った瞬間音圧がドンっ!って体からソファーから部屋全体が揺れます

音がとにかくクリアでライブで使える程の大音量でも音割れ、癖を一切感じませんでした

水のチャプチャプする音も海の波もSLの通過音もシャンソンもフラメンコもカラオケもJazzもすべてオッケーでした

部屋を貸してくれたTさんの友人でスピーカーを設置や販売している方もやってきて聞いてもらいました
第一声が
「ホールで使える」でした
全く音のバランスに問題がないと言ってました
PAで使うのにフラットだから調整が楽
ただ、実用にはまだ難があって、耐久性や丈夫さが求められるとのこと
柔らかいですからね
知識を持った人が扱わないといけないと思いますので、今のところこの30cmバージョンは非売品です

3月20日のこころ塾ライブにはバージョンアップしたものを持って行きます

ここまでやるともっと強力なアンプとスピーカー(38cm)が欲しくなってきます
それと、設営に掛かる時間(30分)を短くできるようにしなきゃ

自宅に置いてる例

DSCF3494★

自宅にアイボリーのエンサウンドスピーカー(2本5万円)を設置してます
アンプはオンキヨーのMA-500Uを使ってます
音声はTVとポータブルCDプレーヤー、iPodを切り替えて使ってます
安価なアンプだけどリモコンで入力切り替えと音量調整ができるので便利です

ウーハー専門

DSCF4041.jpg
DSCF4042.jpg

フォステクスの30cmウーハーとちっちゃなイコライザー、30cmフルレンジスピーカー、アンプ2台使ってテストしてみました

もの凄くいいー

スピーカーの事は去年からやり始めたばかりなのでネットワークとか、周波数特性とかよくわからないのです

しかし、このウーハーから出る音とフルレンジスピーカーから出る音との合わせ具合はまったくスムーズで参ってしまいます

大太鼓の音もますます本物です

Jazzファンも納得する音に仕上がったのかもしれません

ただし、このマンションのちっちゃな部屋で鳴らすには勇気がいります

普通ならアンプ1台で済むようにネットワークを組むところでしょうが、なんだかなんにも手を加えなくてそのままでいい気がします

-------------------------------------------------

Read more...

ENSOUNDという名前

25670229_159721359.jpg

25670229_3249158848.jpg

スピーカーの名前が思いつかなくて、あるとき東京の友人でヴォイスワークショップや、コンサートを開いているあまりあさんに「いつまでも絨毯スピーカーじゃかっこわるいから何か名前はない?」
って聞いたとき

「ENSOUNDという名前を使ったらどう?」

と言ってくれまして、速攻で気に入り「それだ!」と、その名前にいたしました

ENSOUNDは「響きになる」という意味があります

詳しくはここ

響きと一体化するスピーカー

まさにぴったりです

円筒形をしているし、ご縁で広がっているすばらしいスピーカーです

写真はあまりあさんが使用している様子です

スピーカーの飾りがぴったりマッチしています

あまりあのホームページ

木村邸に和風スピーカーを置いてみたときの写真

IMGP6106★

IMGP6095.jpg

和風バージョンのSPを置いてみたときの写真がありました
場所は三津浜の木村邸です
絨毯の上に沖縄で見つけたおしゃれなござのようなものを巻きつけています
カタログに掲載しています

畳スピーカー

DSCF3534.jpg

友人の畳職人が作りました
商品ではありませんが
音楽を鳴らすと振動で畳の香りがします

木村邸ライブ

DSCF4014.jpg

本日は木村邸ライブでスピーカーを使用しました
楽器の生音とスピーカーから出る音が本当にそっくりなのでスピーカーから音が出ているように感じ取りにくいです
演奏者の口がマイクにかなり近いときには(マイクの特性でしかたがないのですが)低音が増幅されますので、生声と違った音が出てしまい、スピーカーが鳴ってる~ってわかります
普通のスピーカーを使った場合、前に座っているとうるさいのですが、そんな感じが全然しません
存在感が無いのに、しっかりと仕事しているという感じです
最高の黒子みたい
仙九朗さんの笛よかったです
もっと演奏してほしかったな

三津の木村邸はふだんは空き家ですが、第2と第4日曜日に喫茶営業しています
わたしのスピーカーもBGMとしてなるべく持って行くつもりです
手作りのケーキうまいんですよ

ヨガマットスピーカー

DSCF1125.jpg

踊るうどん永木で吊っているスピーカーではじめに作ったものです
スピーカーは防水性のあるものを利用していますので、大浴場などでの利用ができます
全然バカにならない高音質です

DSCF2527.jpg

今吊ってるのはこれです
どちらも10cmタイプのフルレンジをつかっています

MOEMOEで昼食、明日もLIVE

  • Day:2009.03.07 21:21
  • Cat:家族
DSCF3985.jpg

お昼に踊るうどんを食べようと思ったら、玉切れ
残念だったけど、わたしが辞めた後でもお客さんが続いているのはいいことだ

そこで梅津寺近くにあるMOEMOEに行ってきた

マスターとは最近親密になり、ここであった仙九朗さんのLIVEでもスピーカーを使用しました

自家製チキントマトカレーが実にうまい
トマト何個入っとんだろってぐらいトマト味のカレーです
よく煮込まれてまろやかで酸味もあります

それとハワイアンピザも食べましたが、重量感があり、果物も入って食べ応えたっぷり
昼食にちょうどいいのです

「今日は木村邸でライブやろ?」


「えっ?」

そういえば、今日は木村邸で仙九朗さん達のライブが17時からあったのです
そしてわたしはBGMとして、ライブ用としてスピーカーを持って行く約束をしていたのです

「マスターありがとう!」

実にラッキーである

しかしこういうことはよく起こるのである

そしてきまって

「ありがとうございます」とつぶやきます

どうも、影でお世話をしてくれるなにやらか(お影さまといいます)がいる気がするのです
そのお陰さまが普通では起きないようなラッキーな事をどんどん起こしてくれます

「おかげさま・おかげさま」


それから木村邸に行って、早速BGMにそこにあったCDのウォンウィンツァンのムーントークを流しましたらぴったりでした
2階でワークショップをしていた友人は突然誰かがピアノを弾きはじめたのかと思ったそうです
わたしが来るまで同じCDがラジカセで鳴っていたはずなのですが、全然違った音に聞こえたそうです

DSCF3999.jpg
それからライブ
今日はスピーカーを用いずに生で演奏をやりました
この場所ではそれでも大丈夫です
むしろその方がいいでしょう

明日はマイクを使って、わたしのスピーカーを使ってやります
DSCF4003.jpg

ライブチラシです
木削りのワークショップも大人気だそうです

DSCF4002.jpg
このスピーカーで明日のライブをやります
テーブルの上に置いてあるのが、木削りの作品です

開放された音

IMGP6392.jpg

このスピーカーを聞いていると一つの言葉が浮かんできた

開放された音

今までのスピーカー、箱形も、埋め込み型も、円筒型も、球形も、どれも入れ物(スピーカーボックス)は硬いのです

人間は柔らかいです

柔らかいけど、低い声から高い声まで出すことができます

絨毯で出来たスピーカーは人間の体に似ていると思ってます

スピーカーから再生される声は、見事にそっくりです

このスピーカーの音に慣れてくると他の硬いスピーカーから出てくる声は似ているんだけど、どんな高級なスピーカーでも人工的な音が混じっていると感じるのです

ある掲示板で、ギターの穴にスピーカーを埋め込んで再生したらギターの音が生そっくりに聞こえたというのを見ました
確かにその通りなのかなぁと思います

今までのスピーカーはジャンルを選んでいました、例えばJazzを聞くならJBLとかいう風になるのです

箱形のスピーカーは音に箱の共振音が混じるのです
どんな音が混じるのかは箱を叩いてみたり、スピーカーを箱から外してその穴に声を入れてみたりすると分かります
叩いたときに余韻が残る音だとすると、拍手の音がぼやけます

ギターに埋め込んだ場合そっくりな音だったのはギターの音だったから箱鳴りが気にならなかっただけ、それがピアノや、人の声を再生したなら大きな違和感を感じたでしょう

だったら、エンサウンドスピーカーは動物の鳴き声や人間の声ならそっくりだけど、それ以外は駄目なの?っていう質問がきそうですが、そんなことないのです

川のせせらぎ、雷鳴、無伴奏チェロ、タンバリン、ピアノ、拍手、フラメンコの床を蹴る音、和太鼓の大太鼓、大砲の音、クラシック、オーケストラ、Jazz、ジェット機の音、鯨の鳴き声、クリスタルボールの倍音などなど、マイクで集音できるものならなんでもそっくりに再現できるようです
音がやわらかいと言う人が多いのでそれが味なのかな~
ライブで使った場合、そばにいてもあまりうるさくないし、隣の部屋とか、遠くの部屋でも生々しく聞こえます

スピーカーが開放されて喜んでいるような気が、何度も、何度もするのです

ブログを引っ越してきました

  • Day:2009.03.07 12:37
  • Cat:連絡
ここのブログはエンサウンドスピーカーを開発した菅順一の日記です
以前はhttp://odoruudon.i-yoblog.com/に書いていたのですが、こちらに引っ越してきました

その前の1998年からの日記は踊るうどん永木のホームーページhttp://odoruudon.com内にあります

踊るうどん永木
わたしは、10年前踊るうどん永木という松山では有名になったうどん屋を始めました

2008年に突然、このスピーカーを発明してしまい、あっさりと店を後継者へと譲ってこの仕事を始めたのです