おやじバンド

昨日愛媛県美術館の別館ホールでおやじバンドがありました
7グループも出演しましたので、機材も豊富です

この絨毯でできたエンサウンドスピーカーをヴォーカル用として使用しました(出力200W)。
ライブでヴォーカル用でエンサウンドを使用するととてもいいのです。

ギター用スピーカーだったらスピーカーが原因で元の音が歪んでいても、全然気にならない場合が多いのですが(特にエレキギターは歪ませてなんぼです)、声の再生は生声と違っていると違和感を感じる人は多いです(ほんの少しだけリバーブをかけるぐらいがちょうどいいです)。

イコライザで補正後、スピーカーの目の前で聞いていましたが、歌っている人とそっくりの声で再生され、今までのハードエンクロージャースピーカー(固箱)特有の籠もりや歪みが感じられません。
周りに大型スピーカーが並んでいましたので、20cm口径のスピーカーでも小さく見えます。
こんなので大丈夫なの?と心配されてましたが、ぜんぜんへっちゃら。

これまでの固箱のスピーカーでは音圧を上げるほど箱鳴りの割合がひどくなり、スピーカーユニットの限界が200Wだとしても、箱鳴りがひどくなりすぎて実力を出し切れません。

ソフトエンクロージャースピーカーなら、箱鳴りが元々無いのですからスピーカーユニットの実力をフルに発揮できるのです。だからスピーカーの数は少なくてよいのです。

今回はライブ前に時間を頂いてTOMORIスピーカーの紹介とヨガマットスピーカーの生まれた様子、それと従来型スピーカーとの比較をしました。

DSCF2074_400x300.jpg
メインのヴォーカル用スピーカー

DSCF2075_400x300.jpg
モニター用スピーカー(斜めのものです。TOMORIも置いてますが、デモンストレーションに使用しました。リハーサル中です)

近々色々なメディアで紹介されます

このところ、色々なところから取材がやってきております


NHKsikoku.jpg
(取材の様子)
明日、2010年5月29日四国内NHK総合、お昼の12:40~の番組でエンサウンドスピーカーが少し出てきます

nankai1116.jpg
6月6日(日)は南海放送ラジオ1116kHzで17:00~17:30の番組、ザ・VOICEでエンサウンドスピーカーが登場します。http://www2.rnb.co.jp/web/radio/voice/


そしてうどん屋を始める前から友人の熊本フミアナウンサーがリポーターをやっている愛媛CATVのビジネスナウに登場します6月中、ほとんど毎日放送されます。ここの映像は要チェックです。初めて作ったヨガマットスピーカーを作る様子が登場します。

TOMORIの低音増強板

DSCF2040_250x400.jpg

やってみました

高さが低いので低音が他と比べて不足ぎみなTOMORIなのですが、フローリングの部屋に置いて鳴らすとフローリングの振動音がとても良い具合になり、イコライザでの調整が不要になる程です(特にフローリングの下が空洞だと余計よいです)。

畳の部屋やカーペットの部屋では難しいので共鳴板を利用するのがよいのです。

これは大げさに大きい板(180cm×50cm×1.2cm)なのですが、これを15cmぐらい浮かしてそのうえにTOMORIを置いてみました。
見事にベースが持ち上がります。音の出る範囲も広まったように感じますので、大型スピーカーを置いているようです。

ブーミーさがひとかけらもなく、クリアすぎると言われるスピーカーですのでこうやって板の振動を活用する方法があるのです。

スピーカーのセオリーからいったら、スピーカースタンドは響かない方が良いのですが、まったく逆のアプローチからやってるのでこれが通用します。
エンサウンドスピーカーなら細かな振動(中~高い周波数の振動)は板に伝わらないようになっており、うまくベースだけが持ち上がってくれます。

新しい絨毯タイプスピーカー

53130530_153.jpg

新作できました。

今まで使ってきたユニットよりも忠実性の高いフルレンジ10cm口径を使っております。
最大50Wなので、家庭はもちろん、小規模なアコースティックライブぐらいは可能です

高さは80cmぐらいです。

うちの娘(もうすぐ3歳)が持てるほど軽くて、ウッドベースの音もはっきり出るクリアな音質です。
色々色があります。

53130530_222.jpg

53130530_84.jpg

アンケート結果

3juso.jpg

去年12月にエンサウンドギャラリーにて試聴会を行いました

ゲストで、チェロ、バイオリン、フルートの奏者に来ていただき、演奏をしました

そのとき録音した音を生演奏後すぐにエンサウンドスピーカーで再生して聴いてもらいました

生演奏の直後にスピーカーの音を聴いてもらうとは大変ハードなことです
これならオーディオに詳しくない人でも生の音とスピーカーの音色の違いがわかります

提案を受けたとき、大丈夫かなと、ひやひやしていたのですが、とてもよい評価を受けました

そのときのアンケートをまとめました

こちらのリンクからご覧下さい

えひめイズムに設置しました

TOMORItiltshift.jpg
ロープウェイ街のえひめイズムに設置してきました(トイカメラ風にしてみました)

音の良さに感動していただき、試しに店内の有線を切ってみると、広い店内ですが充分にBGMに使えます

近くで聴いてもうるさくないし、遠くで聴いてもはっきりと聞こえる不思議なスピーカーです

あとは店内がもう少し(いえ、かなり)暗くなるともっと雰囲気出るんですけどね

わたしのお店は不在が多いのですが、ここはいつも開いてるので、ぜひ立ち寄ってください

県民も知らない逸品がそろってますよ

わたしのおすすめは「ちりめんのせんべい」みたいなの

TOMORIスピーカー写真集

スピーカーの写真を色々撮ってみました。

DSCF1011.jpg

DSCF1582_800x600.jpg

DSCF1611_800x600.jpg

DSCF1598_800x600.jpg

DSCF1606_800x600.jpg

DSCF1618_800x600.jpg
音と光をみつめるほなみ

一番上の写真はホワイトバランス太陽光なのですこし赤っぽい色になりました
他のは電球モードで撮ってます。写真で見るよりも本物は暖かい色です。

DSCF1654.jpg
これぞ音と光の共演や~

ENSOUND 瓦!?

DSCF1533.jpg
えんとつ工房はませさんとのコラボレーション作品が、えひめイズムに5月4日まで展示されています
(写真奥)

みんなすっごくいい音に驚いてます。

DSCF1534.jpg
上から見るとスピーカーが見えます


中身はTOMORIシリーズと同じ透明の軟質円筒にスピーカーが付いているのが入ってます

ユニットの振動がダイレクトに瓦に伝わらないのでいい音なんです

ユニットとエンクロージャー(箱)のつなぎ目部分に厚さ5mmぐらいの柔らかい、ゲルみたいのを入れてユニットの振動をエンクロージャーに伝えないというのは今までの技術でありましたが、エンクロージャーそのものがこんなに柔らかくて、それをしっかり生かしているのはたぶん世界初です

このおかげで瓦に伝わる振動は今までのやりかたよりもずっと制震されていますから音がクリアなんです。