瞑想中の音その10:ことばは神であった

今朝は瞑想中にいつも聞いていた128hzの音よりも低い音が聞こえてきました

(※Facebookの12/18日に書いた記事を再編集しました)


初めは車が通った音かもしれないと、思ったのでしたが、決まった周波数に聞こえ、右耳だけだったので、もしかしたらと思ってiPhoneのアプリで64ヘルツの音を再生してみました


ところが、、、、、、、、iPhoneのスピーカーではそんな低い音64ヘルツは鳴らない、、、



面倒ながらもイヤホンを繋げて左耳でそれを聞いてみるとよく聞こえます



やはり同じ周波数のような気がする。。。。



はっきりと断定はできませんが



シュタイナーの言うように「人間の内耳は C=128hz に基づき構築されているのです」
というように


内耳が共振する周波数が128hzなんだから、64hzでも共振して聞こえてきても当然だと思いました



パラマハンサ・ヨガナンダのオーム瞑想法テキストを思い出した時、右耳に聞こえてくると書いてあった気がしたので見直すと、右耳の方が敏感で、エネルギーの流れが強いということでした



意識し始めるとだんだん聞こえるようになるようです



この瞑想中の音は仏教が生まれる前からあった書物『ウパニシャッド』にも書かれており、神の波動や神の声、聖書での『はじめにことばがあった、ことばは神とともにあった、ことばは神であった』のことば、といわれるものです



私の中でもこの音が聞こえてきたことがきっかけで、とても大きなインスピレーションをいただき、どんどん音と振動に関する謎が解けてきました





まさに神の声を聞いた、、、、かのような体験です







今日はその後、代理店のトータルヘルスデザインにて体験してもらいました



1458656_1195351917158943_2676281859306959149_n_207x300.jpg

特に反響がよかったのが、女性スタッフの太田さんが地球の共振周波数、7.8Hz(シューマン共振周波数)を聞いた時、聞いたといっても、音が低すぎて振動だけですが、とっても気持ちいいと言うのです



わずか0.1ヘルツずらしただけでも、違いがわかるそうです




わたしも試したところ、たしかに、8Hzは少し緊張感を感じ、7.8Hzは緩みます


10295759_1195351907158944_6822080580970098150_n_212x300.jpg
男性の遠藤さんは64Hzが大ウケで、はじめは頭に乗せても腰まで響きが伝わってなかったのでしたが、腰に当ててると気持ちいいので、しばらく当ててましたら、



だんだんほぐれたのか、頭乗せしたとき、しっかり振動が下まで届いて気持ちいいに変わりました



ウィキペディア シューマン共振7.83Hz
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シューマン共振




7.83Hzの振動で、地球とひとつになる



のかもしれません



瞑想中の音その9.5:赤ん坊の泣き声は440Hz

今回はすこし余談です



現代の音楽は440Hzを基音(A・ラ)にしています
 
 

なぜ440Hzになったかというヒントとして、

 
IMG_0069.jpg
 
全世界の赤ちゃんは440Hzで泣くそうです

 
 
たぶん最も人間にとって、注意を向けてほしい音なのでしょう

 
 
これを聞くと、ソワソワしてしまって、



どんなに深い眠りでも母なら起きてしまう

 
 
その音が消えると泣き止んだということで安心します・・・・
 
 
 
440Hzを基音とするのは歴史が浅く、ナチス・ドイツから始まり、
 
 
 
ロックフェラー家が大いに後押しして国際基準にしました
 
 
 
どうりで、イライラ、そわそわするわけです
 
 

↓のリンクご覧下さいね
何故、赤ちゃんは440hzで泣くの?
http://ameblo.jp/livoon/entry-11283762349.html

 

 


 
0歳の光太朗の泣き声も御覧ください(笑)

 
 
ほなみちゃんの泣き声のほうがガラスが割れる超音波のように
 

 
鼓膜が破れるかとおもったほどです
 

  
録音はしたことがありましたが、生のほうがやっぱりすごかったです

 
  
彼女は生物兵器でした・・・
 
 

瞑想中の音その9:地球の共振周波数(シューマン共振)


またすごい論文を発見
 

地球の共振周波数の実測は8Hzだそうです


Schumann_resonance_01.png

ウィキペディアの地球を一周する定在波より
 
 

だから、
 
 
 
1.その倍音の64Hzを抱っこスピーカーで鳴らして頭に乗せると、背骨(脊椎)全体が振動する感覚が得られるのか・・・・・
 
 
 
2.その倍音の128Hzが瞑想中に聞こえたのか・・・・
 
 
 
3.マントラの周波数は64Hzと128Hzなのか・・・
 
 
 
4.128Hzの音叉がグランディングする周波数といわれるのか・・・
 
 
 
5.128Hzの倍の256Hzや4倍の512Hzで調律される、最も古い音律のピタゴラス音律にも使われれいるのか・・・・・
 
 
 
6.432Hzを基音(A)とした純正律音楽は128Hzが(C)になり、8Hzの倍音成分で構成されているのか・・・・
 
 
 
7.それまで一般的だった432Hzの基音を、ナチスドイツが440Hzにしました。そこから生まれる音楽は不協和音を産み、脳にストレスをあたえ、不安感から購買意欲を高めたり、攻撃的にしたり、洗脳するのに都合の良い周波数なのか・・・・
 

 
8.人体そのものが8Hzの倍音で共振するようにできており、8Hzの倍音で出来た音楽を聞くと精神の乱れ、体の不調が直されてゆく・・・
 
 
 
9.マントラのように、それを聞くだけでなく、それを口から出すことによって、ますます体が共振し、その効果が倍増するので、マントラを唱えることが宗教的というより、科学的なのだとわかる・・・・




と、ますますつながってゆきました
 
 
 
 
<以下国際色彩診断治療研究会の掲載論文から引用します>
http://www.shikisai-chiryou.com/ronbun/shiryou_3.php

 
人体の固有周波数

 
<要約>
 実際に地球の共振周波数を測定したシューマンにちなみ地球の共振周波数をシューマン共振といわれております。私は、もっとも健康な生命の周波数としての7,5Hzを基準として、人体の周波数を計測して驚くべきことが判明しました。個々の人体からでている共振周波数は全て個人差があり、病気の種類によって波長は異なります。このことから周波数の異常が生命に関係していることといえます。

 
 人体から発する共振周波数と同周波数の物質、(重金属、漢方薬、薬剤、)ウイルス、細菌等の同調が示す驚くべき事実について。


 地球と電離層でLCの等価共振回路を形成すると見ることができる。LCの共振周波数の式に適当な値を代入して計算しますと約7,5Hzとなります。実際に地球の共振周波数を測定したシューマンにちなみ地球の共振周波数をシューマン共振といわれております。実測では8Hzとなり計算値と一致します。生物はこのシューマン共振のなかで生きており、人間はもっともリラックスしたときの脳波であるα波がシューマン共振の周波数と一致していることはすでに証明されています。・・・・・・・・・・・・・




下記リンク先も参考になりました

音楽は、人間が地球と共鳴するために存在している
http://ameblo.jp/si-rabei/entry-12069919747.html


瞑想中の音その8:抱っこスピーカーでマントラの声128Hzを出す

抱っこスピーカーを利用したボイストレーニングとセルフヒーリングの方法を編みだしました

IMG_4069.jpg


抱っこスピーカーを抱きながら、わたしが好きな128Hzの音で声を出していて気が付いたのです






今回は動画で解説いたします


利用したアプリは「 Audio Function Generator 」です。


このアプリで、好みの周波数を1Hzから20000Hzまで0.1Hz単位で出すことができます


抱っこスピーカーなら、4Hzくらいの音になってない音でも、振動で感じることができます


今回、128Hzの音(瞑想中に聞こえてきた音)を再生して実験しました


間違った声のトーンを出していると、うなり音が聞こえてきます


スピーカーから128Hz出ている時に、声で127Hzを出していたら、1Hzのうなり音が聞こえます


聞こえるだけではなく、抱っこスピーカーの振動もうなるので、耳が聞こえなくても、1Hz分、間違っていることがわかるのです


ちなみに大きくずれていたら、うなりはありません


でも、揃っていたら、もっとも振動が小さくなります


正しい周波数のマントラの声を出したい人にもおすすめ!


音楽療法にも、ボイストレーニングにも役立ちますね
 

 
気のアトリエ「宙」さんのページから
http://moon-therapy.biz/entry9.html


チャクラの周波数

 256Hz(C)⇒ルートチャクラ(第1チャクラ)

 288Hz(D)⇒ラクラルチャクラ(第2チャクラ)

 320Hz(E)⇒ソーラープレクサスチャクラ(第3チャクラ)

 341.3Hz(F)⇒ハートチャクラ(第4チャクラ)

 384Hz(G)⇒スローとチャクラ(第5チャクラ)

 426.7Hz(A)⇒サードアイチャクラ(第6チャクラ)

 480Hz(B)⇒クラウンチャクラ(第7チャクラ)

 512Hz(C)

 
 
と、ありました。
これを見ると、ルートチャクラの半分の周波数128Hzは大地に近そうです


マントラはこの128Hzと64Hzで構成されているといいます。


この音をだして体を震わせていると、心がぶれないはずです


この音を聞くだけでも効果がありそうでしたが、さらに自分でも同じ音を出したほうが、遥かに効果的で


この抱っこスピーカーをチューナーとして、128Hzの声を出す訓練をできれば、


癒やしボイスを出す人になれるんじゃないかと思います


この声の振動で、自分も落ち着き、聞いている人も落ち着いてくる


惚れ込むような念仏が得意なお坊さんの声、


出せるようになるかも

瞑想中の音その7:ふたつのスピーカーをつかって、デルタ波1Hzのうなり音を聞きます

 
前回までに、128Hzの音が、耳栓したり、静かな部屋で、姿勢の良い時鳴っていることがわかりました
 

念仏宗(念佛宗)無量寿寺「佛教之王堂」梵鐘(ギネス世界記録認定)RIMG0008

だけど実際に聞こえてくる音は「うねり」のある「ぐゎんぐゎんぐゎん・・・・」
 
という寺の鐘の余韻のような音です
 
そのうなり音はふたつのスピーカーを利用して出すことができます


12391422_1192915260735942_6260721649923731004_n.jpg
  
 
アプリは標準信号発生器というアプリを利用しました
 
片方の抱っこスピーカーで127Hzを出力し
 
もう片方の抱っこスピーカーで128Hzを出力します
 
1Hzの違いがあります
 
そうすると、1Hzのうなり音に聞こえるのです
 
ちなみに、2Hzのうなりを出すには、2ヘルツ分だけずらします
 
たとえば、一方を127Hzにして、もう一方を129Hzに設定すればよいのです
 
 
このアプリ(標準信号発生器)、127.5Hzとか小数点まで表示はできるようですが、何故か1Hz単位しか変動していないようです
 
 
0.8Hzのうなり音を出そうとすると、このアプリは使えませんので、

12376535_1192921697401965_2504874464755686197_n.jpg

 
「f Generator」というiPhoneのアプリを利用すればできます
 
 
 
実際に聞こえてくるうなり音のうなりの間隔ですが、それもアプリで調べることができます。
 

12342496_1192922847401850_6456096502823356858_n.jpg

「Metronome」というアプリを利用してやれば、画面をうなりに合わせて画面の中央をタップすればいいのです
 
この数字で一分間に何回のリズムかが表示されます
 
やってみたら、一分間に60~75回程度でした
 
ばらつきがあります
 

耳の奥で聞こえる128Hzの音の方は、変化がないようなのですが、うなりのリズムが変わります
 
その変わる様子を観察してみると、瞑想が深くなるほど、遅いリズムに変わります
 

深くなってくると、60くらいでした

しかしそれ以上に深くなればなるほど、画面をタップしなければという意識が薄れてゆきます・・・・・・・
 
心臓の鼓動数とも似てますので、その影響かもしれません
 


60といえば、「1Hz」です
 
で、「1Hz 瞑想」で検索してみると、
 
覚醒デルタ波1Hzというのが出てきました


 
Youtubeで調べるといろいろな動画が出てきます
 

↑こちらの動画の解説部分から、ちょっと長いけど引用します
 
『脳をデルタ波の状態にするモノラルビート
 
1Hzデルタ波 ヒト成長ホルモンの分泌活性化 深い睡眠中の脳波
 
デルタ波の周波数は0.5~4Hzで脳波が最も遅い状態であり、深い眠りについている­状態又は無意識の状態です。
 
睡眠にはレム睡眠、ノンレム睡眠の2種類があります
脳が覚醒に近い状態にあるレム睡眠、脳も体もしっかり休息しているノンレム睡眠が睡眠­中には繰り返されています。
 
この睡眠の最中に現れる脳波はそれぞれ異なりますがデルタ波と呼ばれる脳波はノンレム­睡眠時の脳波です。
 
ノンレム睡眠は脳の休息とも言われています
ノンレム睡眠には4段階のステージがありデルタ波はこの中で一番眠りが深いステージ4­にある時に頻繁に現われる脳波であることがわかっています。
 
デルタ波が多く発生しているステージ4の睡眠にある場合には夢を見ることがなく、非常­に深く熟睡しているため、しっかり体と脳を休息させ疲労を回復する良質な睡眠がとれて­いるといえます
朝すっきりと目覚め意欲的に動くことが出来るのは、デルタ波が多く発生している深い眠­りを得られたときです。
 
忙しく8時間以上の睡眠時間がとれない人でも、バイノーラルビートやモノラルビート等­を使い脳波をデルタ波にしながら就寝することで、短時間の睡眠でも疲労回復効果が高ま­ります
実際に医療機関でも導入しているところもあるようで、睡眠と脳波には非常に深い関係が­あり、 良質な睡眠を得るためにはデルタ波は重要な脳波といえます。
 
デルタ波はヒーリング(癒し)と深い関係があり、デルタ波の状態になると、脳内の深い­部分にある「生命中枢」の働きがとても活発になり、自己治癒力も非常に高まるようです­。
デルタ波には 安眠効果 不安解消効果  精神的疲労回復 短時間の熟睡による大脳活性効果 頭脳明晰、判断力、知力、創造力活性化 治癒力の強化 等の効果があります
 
デルタ波は、シータ波よりさらにリラックスした「深い睡眠時の脳波の状態」です。
成長ホルモンは脳下垂体から睡眠中に分泌されますが、深い睡眠中と同じ脳波にすること­でも成長ホルモンは活発に分泌されるようです。
 
デルタ波の中でも1Hzに脳波をコントロールしたところヒト成長ホルモンの分泌が最大­化したという話もあります。
 
質の良い睡眠時、デルタ波の状態の時に魂が宇宙、あの世に帰ってエネルギーをチャージ­している等とも言われています。
デルタ波の深い瞑想状態になると普段はアクセスできなかったり、しにくい潜在意識へア­クセスし、自分を内観したり無意識に目に見えない世界の存在とコンタクトをとり助言、­閃き、気付きを与えてもらう事も可能となります
 
通常デルタ波は深い睡眠時にしか出ませんが、トレーニングして意識を保ったままデルタ­波の状態をキープできるようになると、シータ波よりも更に深い瞑想状態で気付きを得ら­れるようにもなります。
 
また脳を刺激することによってまだ科学で解明されていない脳の力を呼び起こすことがで­きるかもしれません
 
 
この音に使われているソルフェジオ周波数528hzはヒーリング等にも使われている音­でDNA修復等の作用があると言われています。』

  
  
 
どうやら1Hzを聞いていることはとても良いことがわかりました
 
わたしはそれが、耳栓すればいつでも聞けるし、静かな部屋で姿勢を正しくしていれば聞こえてくる状態です
 
仏教修行者やヒマラヤの聖者が静かな洞窟に篭もりたがるのは、この音をもっともっと聞きたいからじゃないかと思えるようになりました
 
  
一秒の長さはこうやって決められたのかな?
 
古時計のコチコチ音を聞いているとこころが落ち着くといわれるのも納得します
 

 
128Hzと127Hzを同時に鳴らして、耳栓しても聞こえてくる音と同じような音を作ることには可能になりました
 
しかしこれをもっと追求すると頭が疲れそうです・・・・
 
役立つかどうかわかりません
 
それよりは、内側の音をたっぷり堪能するほうが気持ちがどんどん深まって気持ちがいいので、追いかけないでいようと思いました



こんな説もありました
周波数の音により1秒の長さが先に決められて、1日は24時間というのがあとから生まれたのではないかということです。

1秒の長さを決めたのは誰?ピタゴラスは1秒の長さを知っていた
https://www.youtube.com/watch?v=HKmfAMY-BWE


瞑想中の音その6:ガンマ波、64Hzの音だと振動が脊椎を抜けてゆきます

128Hzのことを調べていたら、マントラの周波数は128Hzと64Hzということがわかりました


Hugme_atama.jpg

ためしにと、抱っこスピーカーを頭にのせて64Hzで聞いてみます

とてもいい気持ち・・・・・

周波数を前後に変えてみた時に、気がついたのですが、、、、



64Hzだと、背筋を通して振動が下の方まで伝わります

それ以外の周波数だと、振動が通るのが首よりも下にきません




しばらく聞くのをやめて10分位すると、あることに気が付きました





いつもと感覚が違う





心が落ち着いて、グランディングした感じがする





これはまた新しい音楽療法を手に入れたのかも、




12342309_1191695707524564_8331121247273588466_n.jpg


調子に乗って、娘ほなみちゃんからのリクエストで作ったステレオ枕スピーカー

(以前作った抱きまくら型スピーカーを小さくしてスピーカー2個つけたものです)

に足を乗っけてやると、さらに効果的!!

(実際に乗せるときはバスタオルを巻きましたので、ご安心を)



その状態で64Hzや128Hzを鳴らしながら、マントラのような声を出してみると、ハーモニーして気持ちがいい・・・・・


マントラの声をだすトレーニングになりそうです




そして64Hzをさらに調べてみるとそれは脳波のガンマ波の周波数だとわかりました
(参照:脳波のお話 https://www.qle.co.jp/brawav.htm より)

ガンマ波 γ波
γ ガンマ波は、β ベータ波の中に組み入れられていましたが、近年ガンマ波を分離する研究者が出てきています。

ガンマ波は、一般的に約40ヘルツの周波数領域のもので、約26~70ヘルツの範囲のものです。

ガンマ波は、脳の認知機能に最適な周波数であると考えられています。

ガンマ波は、天然の抗うつ剤のように働き、エネルギーと集中力を増加させます。

ゴルフ、野球、テニス、卓球、バスケなどの心身の状態に最適です。


とっさの判断が要求される株のトレーダーなどの業務にも役立つでしょう。

ガンマ波は、ADDとADHDにも非常に有益でしょう。





64Hzが体の中から出ているかどうかは、よく確認できませんでしたが、

その倍音の128Hzが聞こえてくるということは、たぶん脳波が64Hzになっているのではないかと思います。




これも瞑想の成果なのだと思いました


瞑想が深くなると、宇宙モーター音が聞こえてくるというパラマハンサ・ヨガナンダの話は本当だとおもいます



12360176_1191695734191228_5669223210116827642_n.jpg

おっちょこちょいの奏生にも64Hzを聞かせていたら、怪我が少なくなるかなぁ

眠っている時の隣に抱っこスピーカーを置いて64Hzを鳴らしてたらいいのかも
(64Hzはほとんど振動ですのでうるさくありません)


<ガンマ波について>
スザンヌ・リー  ガンマ波の研究
http://goo.gl/sn4Vhj



ハッピー☆マトリックス − 悟りと瞑想とガンマ波
http://sissy711.blog65.fc2.com/blog-entry-345.html
ガンマ波(40ヘルツ)・・・
瞑想中に生じる、非常に鋭敏で悟りに近い状態のときだけに見られる脳波。
脳の意識状態が最大限に高まり、それに応じて心身の機能も高まる。
この脳波が出ている時は代謝率がきわめて低く、眠る以上に効率的に神経系統や筋肉、内臓などに溜まったストレス(カルマ)を取り除くことができるため、全身が若返り、心身の不調が劇的に改善する。

○ガンマ波が出ている意識状態を「瞑想状態」、現代の科学では「第四の意識状態」と呼ぶ。

○ブッダはこのガンマ波が出ている意識状態のことを「サマ・サーディ(真の瞑想)」と呼んでいた。

○ヨガや禅、瞑想の正しい方法を学べば、誰でもこの「第四の意識状態」に入ることができる。

○本物の瞑想を行っているときに現れる「第四の意識状態」は、その他の三つの意識状態(深い睡眠状態、レム睡眠、覚醒状態(起きている時)すべてに影響を与え、それらを改善する。

○瞑想により、4つのすべての意識状態が一日中高められる結果、肉体や精神のあらゆるシステムの機能が向上する。

 
●デルタ波が出る睡眠状態では、新陳代謝に深い休息を与え、身体機能をより強くする。
 

●シータ波が出るレム睡眠状態は、ただ眠って夢を見るだけで大量のカルマ、あるいはストレスを取り除けるようになる。
 

●アルファ波状態では、創造性や脳の問題解決能力が高まり、より効率的な活動ができる。
 

●ベータ波の意識状態は心と体の繋がりを深め、高度な運動機能を開発することに役立つ。
 

ベータ波の覚醒状態をよりよく発達させると、ミスが減り、ストレスを感じにくくなる。



瞑想中の音その5:聞こえていた音は128Hzだった。それにも意味がありました。

240px-Steiner_Berlin_1900_big.jpg
ルドルフ・シュタイナー


瞑想中の音はいったい何ヘルツなのか・・・・

そう思って実験してみました

【実験方法】
絨毯スピーカーのまんなかに座ります

(変わった形をしていますが、この巻きじゅうたんのてっぺんにスピーカーユニットが乗っています
真ん中に座ると音色で音楽を聞いた時に、ものすごく包まれてるって実感する聞き方です)

IMG_3884.jpg


それから、iPhoneのトーンジェネレーターのアプリを利用します

IMG_0446.jpg
Tone Gen Proという信号発生器です


周波数を1ヘルツ単位で変えてゆき、自分の中で聞こえる音と同調する周波数がないか探ります


はじめ、オーム音は136.10 hz だそうですので、聞いてみたら、ちょっと高い気がする

少しづつ下げてゆき、

なんだかこの辺りだなってところが、128ヘルツだったのです


【128ヘルツは何なのか?】

すると見つかったのが、

「C=128hz (基準周波数A=432hz でのCコード)に基づいた音楽は、人々を霊的自由へと解放する支援となるでしょう。人間の内耳は C=128hz に基づき構築されているのです --- ルドルフ・シュタイナー」

という言葉だったのです


128Hzの音叉も売られていていました
リンク先より
オットーチューナーの振動は骨に響き、神経を刺激し、
体の緊張を解きほぐすと言われ、128Hzは音を聴いたり、
柄を通して振動を体に伝えたり、割と万能なヒーリング音叉なので、
マスターフォークとも呼ばれています。

骨に振動を伝えることで、深いリラクゼーションと、
心安らぐ平和を感じることができるでしょう。

筋肉をリラックスさせ、血行が良くなることで、
筋肉の緊張や痛みを改善するそうです。

・深いリラクゼーションと心の安らぎ
・身体のリラックス
・筋肉の緊張や痛みをほぐす
・血行の改善

オットーチューナーはリラクゼーションに使われ、
その音の振動が骨に伝わることで、リラックスすることができます。



おおっ
これはこれですごい・・・・・

どうやら耳の音を感知するセンサーが128Hzで共振を起こすらしいということがわかってきました

ときどき、440Hzは体によくなく、432Hzが体にいいという話を目にします

128Hzは432Hzをラ(A)にしたときのド(C)なのだそうです

128Hzを聞いているとグランディングするといいます


・周波数:音楽ピッチ A=432Hzは数学的に宇宙のパターンと一致している

・【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!

参考のリンクです




なぜ、昔は基音が432Hzが使われていたのかというのが、自分の体験を通してわかりました

440Hzが普及した理由は、ズバリそのほうがモノが売れるからだと思います

イライラして不足不平を感じるようになるんだと思います。

不足の気持ちだからものが売れるし、本質的に大事なものを見えなくすることができるし、戦争も起こりやすくなる。

純正律とも言われてる432Hzを聞くと、満足してしまい、欲しいと思わなくなるんですよ



聞こえてきた音がオームの周波数136.10Hzでは無かったけど

聖なる音だということがわかりました




特異体質?



でもこれもオーム音というものなのかもしれませんので、詳しい人探したいです



だれかご存知?



128Hzの曲です

先に紹介した136.10Hzの曲よりも、とても心が落ち着きます

Read more...

瞑想中の音その4:マントラの音にきこえる

瞑想の話その4です
(Facebookの12/8の記事を再編集してます)

瞑想中に聞こえる、モーターのうなり音のような音がやはりオーム音、聖音と言われる音なのだろうとだんだん確信してきました(この時点ではそう思ってました)


以前から知っていたこのダライ・ラマの写真が表紙に使われているマントラの動画は、たまに抱っこスピーカーで聞いていたのですが、
思い出して改めて聞くとそのうなり音(オーム音)が鳴ってました
背景で鳴っているうなり音が、瞑想中に聞こえる音と同じ感じなのです

この動画を抱っこスピーカーで聞くととても大きい癒やしを感じていたのはそのせいだったのかも

ある説によると

このオーム音の周波数は赤ちゃんがお腹の中ではじめに聞く最初の音だそうです
赤ちゃんはお腹の中で深い瞑想状態に入ってる気がします
なんだか納得できる

★★
後日談、そこまで書いておいて、あとからそうではなく、聞こえる音が128Hzの音だと気が付きました。
その5でくわしくお伝えします

瞑想中の音その3:耳栓してなくても聞こえるようになった。この椅子のせいで姿勢がいいから?

オーム音(聖音)かも?のづづき、その3です
(Facebookの12/8の記事を再編集してます)

今日も気づきがありました

瞑想椅子
静かな部屋でこの椅子に座っていると、
耳栓していないのにその音が聞こえるようになりました
どうやら姿勢が重要らしいです

この椅子、座ると背筋がシャンとして、心が落ち着くので10年位前に買ったと思います。高かったけれど、10年たってもいい感じのまま。

北欧のどこかの学校ではとてもいい椅子なので、学校の教室でも使っているとか。

私が買った時も、不思議と心が落ち着くので、瞑想用にもいいなって買ったのでした。

姿勢がいいから聞こえるのならと思って、首の向きをかえてみたり、寝転がってみたり、机に前のめりになると、聞こえがとても小さくなりました。

なんだか背筋がアンテナにでもなってて、いい姿勢だとチューニングが取れやすいといったところかも。

たぶん昔から聞こえていた気がしますが、一度意識しだすと、急に聞こえるように感じるというものなのでしょう。

パラマハンサ・ヨガナンダの瞑想ヨガではこれは、ほんの入口だそうです。

まだ赤ちゃんレベル・・・・

先は長いけれど、やればやるほどリラックスするので続けるのが楽しくなります。

瞑想中の音その2:オーム音は131.10Hz

瞑想の話その2です

オーム音(聖音)というのは131.10Hzなのだと知りました

それでYoutubeで検索すると、確かに聞こえる音とほとんど同じものでびっくりしました
地球の1年、365日と約1/4日を周波数換算すると、
136.10Hzになります。
(太陽年・恒星年ともにほぼ同じ数字になります)
第4チャクラ(ハート・心臓)に対応していますので、
ハートを開き、メッセージを受け取る瞑想などに最適です。

宇宙の起源の波動(音)というそうです。

その音の音叉が売られていました
ginza-potensia_201411263.jpeg
http://shop.wonnesscompany.com/?pid=65346902

音叉だと、すぐ消えるので、瞑想して本物の音を聞くのがいいようにおもえます。
パラマハンサ・ヨガナンダのSRFの技法+耳栓をして聞こえるようになりました。

瞑想テキストの中では、はじめのうちはこの音を聞くと大きなリラクゼーションを得られるとあります。
たしかにその通りなのです。
さらにさらに深く進むと第六感(直覚)が磨かれ、神を知るようになるというそうです。


Youtubeで見つけた近い音です


★★★
後日談、そこまで書いておいて、あとからそうではなく、聞こえる音が128Hzの音だと気が付きました。
あとの記事でお伝えします
この日にそう思ったという記録のために、記事(2015/12/7にFacebookで書いたものをここで再編集してます)は削除せずに置いておきます

瞑想中の音その1:オーム音(聖音)が聞こえてきたのかも

Facebookに2015/12/02に上げた記事を後で見やすいよう再編集しました

もう15年くらいまえに出会った本です
パラマハンサ・ヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」を読んでから瞑想を始めるようになりました

あるヨギの自叙伝


パラマハンサ・ヨガナンダの通信講座もするようになり瞑想に取り組んできました


mimisen-meteo.jpg

最近瞑想に、この耳栓(メテオ)を利用するようにしてます。


そしたらシンキングボウルを鳴らしているような、うなり音「おぉぉぉぉぉん・・」という波動音のようなものとそっくりの音が聞こえるようになってきました

もしかして、これが聖音オームなのかも?

かなり静かな音で、はじめは換気扇か冷蔵庫のモータの振動が体に低周波で伝わってくるかと思ったのですが、
場所を家の外にしても聞こえてくるので、そうではないみたい

パラマハンサヨガナンダの瞑想方法でも、指で耳を塞いでオーム音を意識するというのがあるのでほんとにそうかもしれません

自分の手で耳を塞ぐと血流の音なのかが、うるさくてその音は聞こえませんが、耳栓ならその影響がないからなのでしょう

その音、ほんとにチベット仏教の法具、シンギングボールにそっくりなのでびっくりしました

なんなのでしょうね・・・

つづきます