天河の井上さんお会いしてきた

今回の10日間の出張でした
6月30日には群馬で活動している天河(てんが)の井上さんに会ってきました

井上英樹さんはプロの和太鼓奏者です
BOSEのL1を検索していてエンサウンドスピーカーの事を知り連絡を取っていただけました

DSCF6544.jpg

太鼓の音はスピーカーでは難しく、今までいろいろな物を使ってきたけれども満足できなかったのだというのです

そこでわたしは自信を持ってスピーカーを持って行ったのでした

しかし井上さんはなかなか満足してくれません

音大を卒業したこともあり、レコーディングもやっていて相当耳がいいのです

「太鼓の音は皮と木のぶつかる音、ほかの音が混じってはいけない」

わたしの耳ではなかなか分かりませんでしたが、その他の音を消すためにアドバイスをいただいてスピーカーの組み合わせを替えてみたところ、満足してもらえるようになりました
今までのライブ用スピーカーではとてもあり得ない音だと
この情報を元に、さらにすごいスピーカーができあがりそうです

12cmの55000円で売っているスピーカーを抱っこして太鼓を聞いてもらったらこれが非常に受けました
本物の感触がすると

目の前で本物の太鼓を叩いて貰ったときに感じたのがわたしの胸骨が振動しているということ
寝た姿勢でスピーカーを胸にまっすぐに置くことを推奨しているのですが、これだと胸骨が一番振動します
これが本物と同じ感じを生み出しているのです

バイブレーション機能の付いた椅子に座ったことがありますが、どうもリアリティを感じない
その理由が胸骨を揺らしてないことと、音自体がクリアでなくリアリティが無いことだと思うのです

井上さんは独身です
只今嫁募集中なのだそうだ
独身女性の方おすすめですぞ
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)