軟質塩ビ管スピーカーキット

DSCF6602.jpg
1mmの塩化ビニールのシートを2重ぐらいに巻いてみました
口径8cmのスピーカーを乗せて、90cmの筒の長さがあります
内部に吸音材、倒れ止めの棒が立ってます

去年、塩ビ管スピーカーというのを参考にスピーカー作りを始めましたが、ヨガマットになって、すぐに絨毯スピーカーになりました

今、また塩ビに戻ったバージョンを作りました
塩ビ管スピーカーとの違いは筒の固さにあります

普通は水道管に使われている丈夫な管を使いますが、
これの場合、途中で折れて倒れそうなぐらい柔らかいです

欲を出して丈夫にしようと厚く巻いたら普通の筒のように、筒鳴りが大きくなってしまいます
(筒の端っこを爪ではじいて余韻のある音がでないのが大切です)

8cmという口径なのに、充分な低音を出しております

籠もったような感じもせず、拍手の音も、ベースの音もクリアです

軟質塩ビ管スピーカーという名前にしました

この場合、立て続ける為にはフレームが必要なので、このままなら逆さにしてぶら下げるのが一番長持ちしそうです

キットにして購入できるようにしました
今まで数多くのスピーカーを自作していた人も唸ると評判です
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)