ハンドバック型拡声器試作しました

昨日発案してすぐに作ってみました

DSCF9332.jpg
なんの変哲もないバックですが

DSCF9333.jpg
拡声器になっちゃいました
バックの隅に開いている穴からスピーカーが見えます

市販品の拡声器はプラスチックの響く音が混じっているので音割れしまくりですが、これは音割れを感じません
DSCF9334.jpg
水色のがヨガマット
ヨガマットを円筒にしてスピーカーを取り付けて内部に吸音材を詰めています
下にあるのが左から手作りアンプ、電池ケース、マイクプリアンプに利用したLPレコード用のフォノアンプです

例えば選挙活動で、今までの拡声器だと音が割れて、良いことをしゃべっていても音が悪いので長時間聞いて貰えなかったことはよくあると思うのです。ただうるさいだけだと煙たがられていたことが多いでしょう。
それが、拡声器を使っていないかのように、生声のように自然に拡声されたら話を聴いてみようとする人も増えるはず
それにデザインのさりげなさが、拡声器を見ただけで逃げ出してゆく人をもとらえます(笑)

重さも普通の拡声器と変わらない重さで、柔らかい素材ばかり使っているので今までのプラスチック製のものよりも丈夫です
それに中にハンカチや手袋、傘、携帯電話を入れておくことができます

アナウンスだけに利用するだけならこのような小さいサイズで可能です
音楽的に使うのなら低音が出るように、幅のあるスポーツバックぐらいの大きさにすれば大丈夫です

これは市販品のバックをただ改造しただけなので、これからはバックの制作をどこかにお願いして作ってみようとおもいます
だれか手を挙げる人、いないかなぁ
関連記事
◆◆ チャクラの周波数アプリをリリース ◆◆

2008/1/13抱っこスピーカーを音楽療法に用いるのに最適なアプリをリリースいたしました
このアプリを使うとチャクラに合わせた音が鳴りますので、意識を丹田に向けたい、グランディングしたい、眉間に合わせたいということが簡単にできます。
抱っこスピーカーがある方が効果的ですが、無くてもご利用いただけます。
9つのチャクラの周波数




◆◆ イベント紹介 ◆◆



2018/2/2【盛岡】スピリットダンスの会
https://www.facebook.com/events/406007766497052/


2018/02/11【盛岡】聖なる周波数のはなしとスピーカー作り教室
https://www.facebook.com/events/185640745516624/



2018/3/10【仙台】愛の手打ちうどん教室

2018/3/11【仙台】スピーカー作り教室
https://www.facebook.com/events/1736398636405361/

2018/4/8【松本市付近】愛の手打ちうどん教室

2018/8/4-5【東京ビッグサイト】癒やしフェア出展



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)