瞑想中の音その6:ガンマ波、64Hzの音だと振動が脊椎を抜けてゆきます

128Hzのことを調べていたら、マントラの周波数は128Hzと64Hzということがわかりました


Hugme_atama.jpg

ためしにと、抱っこスピーカーを頭にのせて64Hzで聞いてみます

とてもいい気持ち・・・・・

周波数を前後に変えてみた時に、気がついたのですが、、、、



64Hzだと、背筋を通して振動が下の方まで伝わります

それ以外の周波数だと、振動が通るのが首よりも下にきません




しばらく聞くのをやめて10分位すると、あることに気が付きました





いつもと感覚が違う





心が落ち着いて、グランディングした感じがする





これはまた新しい音楽療法を手に入れたのかも、




12342309_1191695707524564_8331121247273588466_n.jpg


調子に乗って、娘ほなみちゃんからのリクエストで作ったステレオ枕スピーカー

(以前作った抱きまくら型スピーカーを小さくしてスピーカー2個つけたものです)

に足を乗っけてやると、さらに効果的!!

(実際に乗せるときはバスタオルを巻きましたので、ご安心を)



その状態で64Hzや128Hzを鳴らしながら、マントラのような声を出してみると、ハーモニーして気持ちがいい・・・・・


マントラの声をだすトレーニングになりそうです




そして64Hzをさらに調べてみるとそれは脳波のガンマ波の周波数だとわかりました
(参照:脳波のお話 https://www.qle.co.jp/brawav.htm より)

ガンマ波 γ波
γ ガンマ波は、β ベータ波の中に組み入れられていましたが、近年ガンマ波を分離する研究者が出てきています。

ガンマ波は、一般的に約40ヘルツの周波数領域のもので、約26~70ヘルツの範囲のものです。

ガンマ波は、脳の認知機能に最適な周波数であると考えられています。

ガンマ波は、天然の抗うつ剤のように働き、エネルギーと集中力を増加させます。

ゴルフ、野球、テニス、卓球、バスケなどの心身の状態に最適です。


とっさの判断が要求される株のトレーダーなどの業務にも役立つでしょう。

ガンマ波は、ADDとADHDにも非常に有益でしょう。





64Hzが体の中から出ているかどうかは、よく確認できませんでしたが、

その倍音の128Hzが聞こえてくるということは、たぶん脳波が64Hzになっているのではないかと思います。




これも瞑想の成果なのだと思いました


瞑想が深くなると、宇宙モーター音が聞こえてくるというパラマハンサ・ヨガナンダの話は本当だとおもいます



12360176_1191695734191228_5669223210116827642_n.jpg

おっちょこちょいの奏生にも64Hzを聞かせていたら、怪我が少なくなるかなぁ

眠っている時の隣に抱っこスピーカーを置いて64Hzを鳴らしてたらいいのかも
(64Hzはほとんど振動ですのでうるさくありません)


<ガンマ波について>
スザンヌ・リー  ガンマ波の研究
http://goo.gl/sn4Vhj



ハッピー☆マトリックス − 悟りと瞑想とガンマ波
http://sissy711.blog65.fc2.com/blog-entry-345.html
ガンマ波(40ヘルツ)・・・
瞑想中に生じる、非常に鋭敏で悟りに近い状態のときだけに見られる脳波。
脳の意識状態が最大限に高まり、それに応じて心身の機能も高まる。
この脳波が出ている時は代謝率がきわめて低く、眠る以上に効率的に神経系統や筋肉、内臓などに溜まったストレス(カルマ)を取り除くことができるため、全身が若返り、心身の不調が劇的に改善する。

○ガンマ波が出ている意識状態を「瞑想状態」、現代の科学では「第四の意識状態」と呼ぶ。

○ブッダはこのガンマ波が出ている意識状態のことを「サマ・サーディ(真の瞑想)」と呼んでいた。

○ヨガや禅、瞑想の正しい方法を学べば、誰でもこの「第四の意識状態」に入ることができる。

○本物の瞑想を行っているときに現れる「第四の意識状態」は、その他の三つの意識状態(深い睡眠状態、レム睡眠、覚醒状態(起きている時)すべてに影響を与え、それらを改善する。

○瞑想により、4つのすべての意識状態が一日中高められる結果、肉体や精神のあらゆるシステムの機能が向上する。

 
●デルタ波が出る睡眠状態では、新陳代謝に深い休息を与え、身体機能をより強くする。
 

●シータ波が出るレム睡眠状態は、ただ眠って夢を見るだけで大量のカルマ、あるいはストレスを取り除けるようになる。
 

●アルファ波状態では、創造性や脳の問題解決能力が高まり、より効率的な活動ができる。
 

●ベータ波の意識状態は心と体の繋がりを深め、高度な運動機能を開発することに役立つ。
 

ベータ波の覚醒状態をよりよく発達させると、ミスが減り、ストレスを感じにくくなる。



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)