虹はなぜ7色なのか

Rainbow-Bridge-heaven.jpg
「虹の橋 緑の野原と動物たち」より

音階はドレミファソラシで7音あります


色と音は深い関係があると気がついていたニュートンは音と同じように色を7つにしたかったということで、虹は7色になったそうです

ニュートンが虹の色を「7色だ」と決めたって本当?
http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04_09.html


C(ドの音)=128Hz(コンサートピッチA=432Hz)を基音とした7つの音(ドレミ・・)が7つのチャクラに対応するとわかることがわかりました(現在のコンサートピッチは主に440〜444Hzです)


「C=128hz (コンサートA=432hz でのC調)に基づいた音楽は、霊的自由へ人々を支援するでしょう。人間の内耳は C=128hz に基づき構築されます」--ルドルフ・シュタイナー


そして、この音律(ピタゴラス音律A=432Hz)の音を、聞いたり、歌ったり、奏でたりすることが、シュタイナーのいう霊的自由につながることが体感でわかってきました


人間にとって合っている音を聞くことが、人間を調律して、病を癒すように、

合っている色を見ることが癒しになることがあるんだと思います



abacus-239087_960_720.jpg

乳幼児は原色を好むと言います

原色が音と同じように共鳴して気持ちいいのだと思います


chamber4hr.jpg
ウイングメーカーより


はっきりした色で書かれた絵は、なんだか魅入ってしまいます
ここに色々ウイングメーカーの絵がありました


虹の色の数は本当は無限にあるのでしょうが、
人間が共鳴しやすい7つの色というものがあり、
それを神経が強調して認識するから7色にみえるのではないか?

あるいは、自然と音階や、色も7つに分かれるということもあるのかな?


なんて考えてみました
 
 
みなさまいかがでしょうか?
 
 
 
【追記】

日本人は、もともと虹の色を5色だと思っていたそうです

日本人の伝統的な歌い方はドレミファソラシの7音のうち「ヨナ抜き音階」等、5音(ドレミソラ)を使ってきたそうです。

だから日本人は虹が5色に見えるのが自然だったのかな?
 
 
関連記事

Comment

日本人は色が多く感じてようだ。japan bule 藍色 群青色・・
同様に赤色も細かく見ていたようです。
風土のせいでしょう。

  • 2016/03/18 12:14
  • 大崎 
  • URL
日本人は扱う色の数はヨーロッパ人よりも少ないけれど、墨絵のように1色の濃淡で表現する能力が他にないほどすごいそうですね
  • 2016/03/18 20:15
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)