伊勢神宮に行ってきました

IMG_2271.jpg

故小林正観さんが始めたワライオープンワールドと伊勢神宮お礼参りに行ってきました

内宮で正式参拝してきました

この黒服を来た人みんな同じグループです

神楽殿にはこれだけの人が詰めて入ったので、正座のまま足を崩せない状態・・・

しかも大々神楽だったので、演目の時間が長い(^^;

しかし幸い、64Hzの振動数に気が付いてから、足が痺れにくくなってきたので、痺れはしましたが、なんとか耐えられた(笑)
 
 
このあと解散し、外宮にゆき三礼三拍手一礼してきました

内宮ではみんなに揃えて、二礼二拍手一礼をしたのでしたが、

わたしは去年から三礼三拍手一礼にしております

参拝なんだから、三回礼をするのが当然でしょう

って思うようになったのです

神社ではお賽銭に、ご縁がありますようにって、五円を入れたり、重ねて縁がありますように10円(重縁)を入れたりと、発音から縁起をかつぐのが好きな日本人なのに、なんでしないんだろう・・・・と思うくらいになりました

何回礼をするかというのは、江戸時代くらいには決まってなかったそうです。好きな数だけ礼して拍手してよかったようです

いろいろな回数があったようですが、参拝というくらいですから、一番3回が多かったのではないでしょうか?

三回やるととてもしっくりきます


こんな情報もありましたのでリンクを張っておきます



参拝しに行ったんだから、3回が当然で、三種の神器、三位一体など、宗教では聖なる数字としてよく利用されます

2本足は倒れやすく、3本足は安定しているなどもそうですね

心の平安を求めるために神社に行く人もおおいでしょう

ならばやはり、3が適当です

二礼二拍手一礼が広まったきっかけは昭和23年に提唱された神社祭式行事作法だそうです GHQの指導がとても厳しかった頃ですから、
さもありなん

IMG_2277.jpg
新種の伊勢うどんを見つけました
卵白のふわふわに納豆が混ざっております




関連記事


◆◆ チャクラの周波数アプリをリリース ◆◆

2008/1/13抱っこスピーカーを音楽療法に用いるのに最適なアプリをリリースいたしました
このアプリを使うとチャクラに合わせた音が鳴りますので、意識を丹田に向けたい、グランディングしたい、眉間に合わせたいということが簡単にできます。
抱っこスピーカーがある方が効果的ですが、無くてもご利用いただけます。
9つのチャクラの周波数




◆◆ イベント紹介 ◆◆


2018/8/3【豊島区】なる音のはなしとスピーカー作り教室

https://www.facebook.com/events/247257842534898/


2018/8/4-5【東京ビッグサイト】癒やしフェア出展

http://a-advice.com

2018/08/19【大阪】手話歌コンサート真夏の太陽

https://www.facebook.com/events/2099868623615725/

2018/08/20【大阪】手作りスピーカー作り教室


2018/09/01-02【幕張メッセ】全国盲ろう者全国大会にて出展
http://www.jdba.or.jp/news2/index.php/view/14


2018/09/3【東京】聖なる音のはなし 5時間講座

詳細お待ちください

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)