FC2ブログ

朗読にも432Hzライアーの音楽を利用すると気持ちいい

朗読にも432Hz

dokusyo.png
先日福岡のシーズニーズマッチング交流会に出展しておりました

そこで、全盲のお客様から、
触覚テクノロジー(ハプティックデザイン)のことを聞きまして、何人かの方をご紹介いただき、
本を買いました

sawarubunkaheno_syotai_hirosekoujiro.jpg
「自身も全盲の広瀬浩二郎・国立民族学博物館准教授が、「さわる」ことの豊かさを説いた著書」(『読売新聞』2009年5月18日)

抱っこスピーカーの触覚がこういった分野の発展にも使えると思いまして、全盲の人が書いた本に興味を持ったのです

とっても内容が面白く、少ししか読んでおりませんが、ササッと読むのではなく、朗読しようと思ってやっております

わたしはあるヨギの自叙伝を座右の書として、2度くらいは黙読して、3度めだと思うのですが、今度はじっくりと朗読しております

あるヨギの自叙伝は128Hzを鳴らしながらそのピッチにに合わせて朗読しております

そのことは別の機会に紹介いたします

このさわる文化への招待はA=432Hz調律されたライアーを聞きながら朗読しています

それがとっても良いのです

どう良いのかと言うと、
432Hzライアーを伴奏にしてみると
・声が音と合って気持ちがいい
・姿勢が良くなる

のです

440Hzでやってみると
・音楽が声と合っていない
・合わせても軽い声になる

のが分かりました

ちなみにもっとピッチの高い444Hz(Cは528Hzになります)で試してみると音が高すぎてわたしには合わせられませんから、音楽が別のところで流れている印象でした


アプリの432Playerを使って、May J.さんの歌声を432Hzに変換する実験動画
こちらの動画のコメントで↓
440Hzは楽譜に音符が並んでるのが想像できる。
432Hzはできない。歌声として入ってくる。
このようなものをいただけたのですが、ほんとにそんな感じです
432Hzだと演奏が歌声のように聞こえてしまう

432Hzを聞きながら朗読すると、声と演奏の一体感を感じるのですが、440Hzだと声は声、音楽は音楽と分けて聞いている感覚


よかったら、手近な本がありましたら、以下の2曲を聞き比べながら試してみてくださいね

リラ・コスモスさんのハナミズキ 432Hz調律のライアーです



こちらはゴンチチさんのLaughing Voter Waltz 調律は440Hzです


関連記事
◆◆ イベント予定 ◆◆

2020/2/12〜13【東京】シーズ・ニーズマッチング交流会に 出展

http://www.techno-aids.or.jp/needsmatch/


2020/2/14 【笠間市】聖なる音の話とスピーカーづくり(中止になりました)

2020/3/7【浅草】聖なる音の話
https://www.facebook.com/events/523312494920515/

2020/3/8【東京】抱っこスピーカーづくりと聖なる音の話

https://www.facebook.com/events/809786396130593/



◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。
9つのチャクラの周波数



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)